↑をクリックでトップに戻れるのですよ~。アニメ感想とか駄目人生晒しが主体      近況:さっさとメスドロアーに俺のキャッシュをぶち込みたいぜファック!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ランキングへ←面白かったらワンプッシュ
高みへと連れて行ってくださいw

--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
うたわれるもの@第10話、傭兵
うたわれるもの:
嵐に見舞われ、パニック状態の運搬船。
浸水を始める船中、あまたの手が助けを求める檻の中に、それはいた。



何とか難破し、陸地へと船はたどり着き、船員たちは命からがら船から脱出。

…しかし

鎖を引きちぎり、檻から脱出したそれは、船員たちへと襲い掛かり…

その手は返り血に染まる



つーわけで、今回は謎の殺人鬼をクロウたちが拾うところから話が始まります。

●目覚め
ぼんやりと意識が戻り、訪れた目覚め。




するとそこは、トゥスクルの牢の中でした。
そして、鎖の女は「ふっ」と笑みをこぼし再び目を閉じます。

●ナトゥンク
冒頭の船はナトゥンクの船だということを調べ上げたオボロたち。
なにやら、ナトゥンクという国はあまり良いうわさがないらしく、現在牢の中に入れている女について話していると。



──牢の中からいきなり登場。

監視中の兵士も一人で倒したらしいです。
うーん、つわものだw

一切素性のわからない、このカルラという女でしたが、ハクオロはエルルゥに彼女の傷を癒すよう指示。
ベナウィは意図の読めない、ハクオロの行為に対し、しばし当惑し、ハクオロにその真意を尋ねます。

ハクオロは、彼女一人をどうにかしてもナトゥンクの今後の動向には関係がないと説明。
心配なのは件のシキリペチム(ニウェ)らしいです。

ハクオロは彼女を手札に加えるつもりなのでしょうか

●一方
牢内。

エルルゥに治療を受けるカルラ。
からかわれてマジになるエルルゥが正直かわいすぎます(*´Д`*)


違います!!

あと、カルラがどうしようもないくらエロイです。

びゅーちふる!!



●そして
カルラの人間性がわかってきたところで、ハクオロは彼女を配下に加えることを決断。
賛成派のクロウと反対派のオボロとで意見が割れますが、そんな中、カルラが登場。

曰く、戦場では役に立つとのことですが、やはりそれを証明しないことには話しになりません。
俺が俺がと対戦相手を申し出るオボロとクロウ。

しかし、そんな彼らに割って入ったのは…

上島竜平 ベナウィ──

俺がやります(オボロ)
                            いやいや俺が(クロウ)


               いやいやいや俺が

おそらくはトゥスクル最強の兵が申し出たので、誰もそれを止めることはできず、庭にて、二人の戦闘が開始。

●開始(はじめ)いッッ!!

各々獲物を持ち、対峙する二人。
構えを取らないカルラに対し、違和感を感じるベナウィでしたが、じりじりとサイドに移動し…

ダッシュからの縦一閃フェイントからの横凪─
勝負は一瞬にして決まったかに思えましたが…



なんとカルラは片手でそれを難なく防御。
そして、受けた刃を地面に突き立てます

●ああっ、あれこそは…




カルラ様必勝の無明逆流r(略

見よ!万力の如く刀を締め付ける双房を!

●先行きます
えー、刃を地面に突き立てたカルラ。
残念ながら無明逆流れは炸裂せず、彼女はハクオロの方をみます。

そして一言、「本気でかかってこない相手と戦う気はありませんわよ!」
どうやら、開幕の一撃、ベナウィは本気ではなかったらしく、彼女は其のことでプライドを傷つけられた様子。

その一言で、ハクオロはベナウィに合図を送り、戦闘を再開させます

●再戦



先ほどとは打って変わり、瞬歩で間合いを一気に詰めるカルラ。
乱打でベナウィを押し切ろうとしますが、途中刃が真っ二つに。

その重く鋭い攻撃は、ベナウィの瞳の色を変えさせるに十分でした。



カルラも、自身の刃を弾き飛ばしたベナウィの実力を考慮した後、変則二刀流にシフトチェンジ。

双方、一撃に全てをかけます。

●決着



地面を抉るカルラの一撃。
そして、それを耐えたベナウィ。

勝負は更なる白熱を見せるか、と思われましたが、ハクオロが二人を止めたため勝負は終了。
カルラは、口だけじゃない、確かなポテンシャルを発揮してくれました。

専用の武器の開発にも成功し、強力なユニットを確保できました



~次回へ~
スポンサーサイト
ランキングへ←面白かったらワンプッシュ
高みへと連れて行ってくださいw

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
※タグチックなものが使用可能。
太字にしたい場合は[太字][/太字]。
斜体にしたい場合は[斜体][/斜体]。
色を変えたい場合はで[色:FF0000][/色](デフォルトで赤にしてます、FF~の部分をお好きな数字に書き換えて色を指定してください。参考:フォントカラー早見表)で変化を与えたい文字を囲ってください。


URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。