↑をクリックでトップに戻れるのですよ~。アニメ感想とか駄目人生晒しが主体      近況:さっさとメスドロアーに俺のキャッシュをぶち込みたいぜファック!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ランキングへ←面白かったらワンプッシュ
高みへと連れて行ってくださいw

--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
やりたいネタを
やってみよう:
目を背けてはいけない

たとえどんなに残酷な真実であっても

それを変える事など

できはしないのだから




「うそだよね、圭一君…」

空気がじとじとと水気を増してゆくのが分かる…
レナは俺から目を背け、うわごとのようにぶつぶつと独り言を漏らしている。

唾をのむ音さえも気取られそうな、耐え難い息苦しさ
その重圧に飲まれ、どうにもたまらずつばを飲み込もうとした、そのとき

「うそだよね、圭一君?」

独り言が語り合う対象を求めた──

「…………」

喉がちりちりと痛む。
何かをしゃべろうとしたのに何も言葉がでない。

それどころかあけようとした口は未だ難く閉ざされ、俺の身体は一言の発言も許してはいなかった。

空気がぐにゃりと水あめのように流動し、一層の不快な感触とともに身体に張り付く…

何か話さなければ

そう思ったとき

「レナは信じない」

レナが語り始めた
乾燥はさらに体中を浸食し、汗や何か得体の知れないものとなり、猛烈な速度で進行する

許してくれ…
もう十分今までに味わったじゃないか。

辛い出来事を。

許してくれ…
こんな事など起きなかったと、全てを忘れ去り、新しい始まりを迎えさせてくれてもいいじゃないか…

しかし

「圭一君が」

口から言葉を出す事ができない俺を待たず、レナは言葉を続けた

「いい年して、カードマスターさくらにはまっているなんて」

全ての時が凍り付き、寒気が、ヒザから立とうとする力を奪い去った

ドサッ…
ヒザをつき、わなわなと肩をふるわせる…

カナカナとひぐらしのなきごえが、機械的に鼓膜を振動させていた…
信じがたい現実から逃げ出そうとするこの心を、決して逃がさないかのように…

異常者なんかじゃない…
そう言ってもらえる期待を、かき消すかのごとく…

━━━━はゃーんと萌える頃に━━━━
スポンサーサイト
ランキングへ←面白かったらワンプッシュ
高みへと連れて行ってくださいw

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
※タグチックなものが使用可能。
太字にしたい場合は[太字][/太字]。
斜体にしたい場合は[斜体][/斜体]。
色を変えたい場合はで[色:FF0000][/色](デフォルトで赤にしてます、FF~の部分をお好きな数字に書き換えて色を指定してください。参考:フォントカラー早見表)で変化を与えたい文字を囲ってください。


URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。