↑をクリックでトップに戻れるのですよ~。アニメ感想とか駄目人生晒しが主体      近況:さっさとメスドロアーに俺のキャッシュをぶち込みたいぜファック!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ランキングへ←面白かったらワンプッシュ
高みへと連れて行ってくださいw

--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
舞ー乙HiME@21話、白き姫、目覚めるとき
舞-乙HiME:
ハルモニウム発動に一枚かんでいるらしいニナ。
その中から現れた、ものに対し攻撃を仕掛けようと、ニナはナギに認証を迫り、ローブを装着──

と、それ(というかニナ)を見て、命が一言。



        ふぅん、紡ぎ手にして──

          護り人なるものか


興味深い一言を放ちます。
そして、喋り終えるとニナが仕掛けるよりも先に、攻撃を仕掛けてきました。
二本の短剣でそれを受け止めたニナ。




返す刃で水平に切りつけますが、それをひらりとかわす命。
迷える剣を振るうものには攻撃を当てる事が出来ないらしいのですが、そんなことをいわれたニナは命に対し、とびかかり一撃を試みます。

そして、それを振り下ろすと同時に垂直に割れるどこかの猫の置物──

そして、目覚める何か──



にゅう と眠い目をこするその人物の発言が兄上と聞えたのは俺の空耳です──

多分

えーそんな訳で、命の興味深い発言を受けてニナの出生に付いてナギが調べているシーンで21話はスタート。
紡ぎ手にして護り人。
ニナの出生に関してはろくな情報は得られなかったらしく、命の発したそのキーワードをつぶやきながら指をくわえるナギ。

と、彼の目が捉えた一枚の写真。
その写真に写っていたものと、ヴィントブルーム先王と妃の写る写真を交互に見比べ、ナギはある確信を得ます



俺も何となく想像はつきますが、別にニナに興味がないのでスルーです──!

さて、どこかで誰かが目覚めたその頃。
反応を示すミコトの耳飾。

てな訳で、シーンはアスワドへと移行します。

いつの間にやら一段落下らしく、また、アスワドの人々の中にすでに溶け込んでいるアリカとマシロちゃん。
つい先ほどまでは混沌のさなかにいたとは思えないこの平穏ぶりに、改めてマシロちゃんはミドリちゃんの統率力を認めます。



そして、そんなアリカたちを呼び寄せるミドリちゃん。
理由は一つ。

先日の報復をすべく、「忘れぬ民」アスワドたるため…
カルデアに攻め入るための戦力として、マイスターオトメたるアリカとマシロちゃんにお呼びがかかったのです。

が、アリカは快諾せず──。

再びもめ始めるのですが、そんな中、走りこんでくるアスワドの村人。
……何と、外にはヴィントブルームの難民たちが。

何とか落ち着ける場所にこれてよかったなぁ、とか、一安心する俺ですが

幸い、こちらには気づいていないようだな


とラドが発言。

……忘れてました

こいつら、決して外部の人間に対して友好的なわけじゃなかったです;;
慌ててマシロちゃんの協力を得てミドリちゃんを止めようとするアリカですが、当のマシロちゃんの表情は非常に複雑なもの……

マシロちゃんには彼らを助けたくない理由があるのです……


あの者たちのせいでアオイは……

そんな訳で、逆に絶体絶命な難民たち。
と、そんな時、我らが手を下すまでもないかも、とラド。

……何と、ジャバルが猛烈な勢いで彼らのいるほうへと突進してくるではありませんか。
蜘蛛の子を散らすように逃げる人々ですが、ジャバルの進行速度はそれを遥かに上回り、触手により次々となぎ倒されてゆきます。

その先に待つ惨状を何とか避けようと、駆け寄ろうとするアリカですが、武器によりそれを静止するラド。
頼みの綱のマシロちゃんもじっと顔をこわばらせたまま動こうとしません。

が、そんな時、見覚えのある顔がジャバルからの逃走中に転倒──

砂漠で、キャンプ地で…
                 自分を助けてくれた




あの時崖で……          アオイ
                 大切なものを奪った


              ニクムベキモノ──


と、二つの思いに駆られるマシロちゃんの脳裏に響くアオイの一言

マシロ様は、きっと素晴らしい王様になられます

ジャバルの触手がミミをはじくのが先か、決断が先か、兎に角マシロちゃんはラドに奇襲をかけ、アリカと認証──

数瞬のうちにジャバルを抹消します。



ミミの元に駆け寄り、励ましの言葉をかけるアリカ。
しかし、ミミは重症……

その名を呼ぶマシロちゃんの声が響きます。

一方、シーンが移り、ガルデローベ。
手持ちのカードをより磐石にすべく、ナギはセルゲイをワルキューレ部隊を引き連れさせアスワドへと送り込みます。
そして、王宮の元マシロ姫の部屋には…



出撃前の赤ちゃんプレイをしていたと思しき、ブブ様とトモエがいました。
そして、出撃前にブブ様にアリカ確保に対する「ご褒美」に関しブブ様と約束を交わします。

一方、サヴァイヴァル。
なまきまき@シホ。

蚊取り線香の齎すトリップ効果に飲まれかけの彼女を含むヤヨイともう一人の三人組でしたが、そんな彼女たちの前に現れたチエちゃん。
彼女は出撃前に有る事を彼女らに頼むのでした。

そして、その頃。
エアリーズもまた、突然のカルデアからの情報開示に揺れていました。

突然の情報ということでどうしても疑わざるを得ないのですが、それでも向かわざるを得ないナツキ。
ユキノから移動手段を借りアスワドへと向かおうとした、その時──



額にクリリンみたいなしるしのあるちっこいじいちゃんと、綺麗なお姉さんが現れました。

彼らはいかなる存在なのでしょうか……?

さて、じっちゃんが登場し、場面が切り替わり、今度はアスワド。
難民たちを受け入れてくれるよう必死にミドリちゃんに懇願するマシロちゃんですが、逆にミドリちゃんからそれをするということの意味、「覚悟」を求められ口ごもってしまいます。
と、その時アリカの叫び声。

──ミミの状態が急変したのです。
か細い声で応答する彼女ですが、もう既にヤバイのが見えており状況はがけっぷち


父ちゃん…


そして…
            
            直後…

                    空を掴んだ彼女の手は…


                                力を失い…




            ─────


             ───


              …







──っっ!!

……とめどない涙が頬を伝い、しばしの沈黙の後。
少し俯き、マシロちゃんは今までにない強い口調で民衆に語りかけます。

今までに自分がしてきた愚行を認め、そして誓いを立てるマシロ姫。
そして、民衆のために頭を下げ、マシロ姫はアスワドの長、ミドリに願います。
自らの民をしばしここに置き、そして平和が訪れた暁にはガルデローベが所持するナノテクノロジーを与える事を──



ここに、やっと白き姫が目覚めるのでした……。

……その夜、ミミの墓の前でアリカと話すマシロ姫。
ここで彼女は平和を手に入れる前に最後に一度だけの涙を流し、「もう、泣かない事」を心に誓います

そして二人はこのとき、本当の契約を交わすのでした



~次週へ~
スポンサーサイト
ランキングへ←面白かったらワンプッシュ
高みへと連れて行ってくださいw

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
※タグチックなものが使用可能。
太字にしたい場合は[太字][/太字]。
斜体にしたい場合は[斜体][/斜体]。
色を変えたい場合はで[色:FF0000][/色](デフォルトで赤にしてます、FF~の部分をお好きな数字に書き換えて色を指定してください。参考:フォントカラー早見表)で変化を与えたい文字を囲ってください。


URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
人間バージョンミコトキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!でも、後姿だけ('A`)キャラクターボイスが同じ清水愛のミミちゃん。こっちは化け物に襲われる。おぉっと、ミミ選手ふっ飛んだーーー!!(酷いこのふっ飛ぶ映像はまさに王蟲にふっ飛ばされたナウシカ。崖から飛び降り
2006/03/07(火) 11:14:32 | 戯言
今週も始まりました舞-鬱HiME。ハルモニウムの起動、ミコトの復活・・・果ては怪奇な生き物まで出てくる始末。アリカ、マシロの新たな決意、ワルキューレ部隊の始動・・
2006/03/08(水) 02:54:24 | MIGHTY☆HEART~アニメな感想~
サブタイトル「白き姫、目覚めるとき」  重い代償と引き換えに、あるべき女王の姿に目覚めてゆくマシロ。  だがマシロを狙ってワルキューレ部隊が動き始めた。  「舞乙HiME」OST Vol.2 乙女の祈り  以下詳細  ***********
2006/03/08(水) 08:26:53 | オヤジもハマる☆現代アニメ
「白き姫、目覚めるとき」 ニナの過去について調査を進めるナギ。セルゲイに保護され
2006/03/08(水) 12:28:22 | たこの感想文
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。