↑をクリックでトップに戻れるのですよ~。アニメ感想とか駄目人生晒しが主体      近況:さっさとメスドロアーに俺のキャッシュをぶち込みたいぜファック!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ランキングへ←面白かったらワンプッシュ
高みへと連れて行ってくださいw

--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
ローゼンメイデン@第12話、真紅
ローゼンメイデン:
前回やっと戦う心を取り戻したジュン。
その真紅を守る意志はローザミスティカを輝かせ、真紅を包みます。



チェックメイト寸前に起きたこの事故に怒り、全力をもってジュンを攻撃する水銀燈…

ですが、この行為が今まで翠星石と蒼星石から“もらった”レンピカとスィドリームへの抑制力を弱め、水銀燈は二つの人工精霊を奪われてしまいます。



こうして形勢変化。
水銀燈は真紅のしもべ三人の相手をさせられることになります。

そして、その間にジュンと真紅は逃亡──

ジュンは片腕を失った真紅を気遣いますが、当の真紅は重度のショック状態に陥っており、その声は不安からか震えています。
何とか震える声で片腕がなくても大丈夫であることをアピールしようと、ボタンを留める動作でそのことを証明しようとしますが、その挑戦は失敗に終わり…



その眼にはやりきれないもどかしさから涙が浮かびます─

欠けている──
不完全な自分を許せないのかジュンの言葉が一切耳に入らない様子の真紅。

そんな彼女の涙をぬぐい、特別な存在だと励ますジュン。
そして、ジュンはどこかへと走り出します。

その先には何があるのでしょうか…
ともかく真紅が復活しない事には、水銀燈を撃破することは不可能。
状況を打開する手が早急に望まれます



そして、何とか翠星石たちが水銀燈の攻撃をしのいでいる間、やっと目的地に辿り着いたジュン。
そこにあったのは、真紅の腕…

腰の辺りまで、前に広がる川(?)に体を浸し、その場所へと向かうジュン。
意識の世界なのだから飛べばいいじゃないかと俺が要らん突込みをしていると、何処からともなくジュンが記憶の奥底にしまっていた“声”が聞えてきました

それはジュンが今の生活を始める原因となったとても苦しい、悲しい、触れたくない記憶…
ですが、真紅を守る決意をした今のジュンの心は強く、もう揺らぎません。

紅く、その手のローザミスティカを輝かせ、いつの間にか現れた水銀燈を無視して真紅の腕を取りにいこうとしますが…

そんな勝手を許す水銀燈ではなく──
その黒き羽がジュンを覆います



チェックメイト─
普通ならそうなのでしょう…
しかし、今のジュンには負けられない、立ち止まれない理由があるのです。
そして、その心の中にある大切なものを強く思ったとき、ジュンのローザミスティカは再び紅く輝き、苦境を乗り越える力となります…

……ついにジュンは真紅の腕を奪還。
そして、目の前に真紅が現れると、ローザミスティカからは一本の金糸が現れ…

再び真紅の腕をあるべき姿へと戻します。



決着の時が迫ります──

が、元より2対1というハンデマッチ。
決着はあっという間に訪れ…

真紅のストレートにより水銀燈は膝を地面につけます。
しかしそれで負けを認める水銀燈ではなく、限界を超えた力で真紅を倒そうと試みますがそれも失敗に終わり、彼女の生んだ炎がそのまま彼女を包みます



そして、その衣の下にあったのは、創造主からの愛をただ一人だけ受ける事無くこの世に生み出された、不完全なドールの姿…
アリス(完全)になる夢を果たせなかった彼女は父への愛を叫びながら青き炎に包まれその命を果てます。

こうして水銀燈を倒した真紅たち。
いつの間にやら初めから水銀燈を倒す事が目的だったかのように物語はエピローグへと突入します
あ、あれ?アリスゲームはどうなtt…

しかし、俺がいくらそんな心配をしてもエピローグは問答無用で押し進み、やけに気合の入った萌えシーンを経てどこかへと消えていく真紅様。

や、だからアリスゲーm


私は真紅…
誇り高いローゼンメイデンの第五ドール。
そして、幸せな、あなたのお人形──


何か問答無用の説得力で消えてゆく真紅。

こうして薔薇乙女達と過ごしたジュンの生活はそれなりに長いものであったはずなのに、それでもあっという間に終了。
でももう彼女たちはジュンに必要ないのでしょう。

何故ならジュンはもう彼女たちから立ち直るきっかけと、勇気を貰ったのですから……

~完~











んなわきゃ ない


ジュンはすでに立ち直るきっかけを貰っていてもう彼女たちが必要なくても、真紅たちにとってジュンの部屋は依然として暮しやすい場所。
一度出てはいったものの、その暮らしが忘れられないのか、いつのまにやら戻ってきておりました。




……どっちみちジュンに拒否権はなし

もうすこし彼とドールズたちとの生活は続くのでした。

~てなわけで、ローゼンメイデントロイメントに続く
スポンサーサイト
ランキングへ←面白かったらワンプッシュ
高みへと連れて行ってくださいw

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
※タグチックなものが使用可能。
太字にしたい場合は[太字][/太字]。
斜体にしたい場合は[斜体][/斜体]。
色を変えたい場合はで[色:FF0000][/色](デフォルトで赤にしてます、FF~の部分をお好きな数字に書き換えて色を指定してください。参考:フォントカラー早見表)で変化を与えたい文字を囲ってください。


URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
品質評価 13 / 萌え評価 26 / 燃え評価 13 / ギャグ評価 26 / シリアス評価 34 / お色気評価 0 / 総合評価 19レビュー数 23 件 激しさを増す真紅と水銀燈の戦い。翠星石や蒼星石も協力するが、怒りに満ちている水銀燈には太刀打ちできない。絶体絶命の真紅。そこへ悪夢に打
2007/10/10(水) 19:31:33 | ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。