↑をクリックでトップに戻れるのですよ~。アニメ感想とか駄目人生晒しが主体      近況:さっさとメスドロアーに俺のキャッシュをぶち込みたいぜファック!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ランキングへ←面白かったらワンプッシュ
高みへと連れて行ってくださいw

--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
ガラスの仮面@第26話、マヤを狙う影
ガラスの仮面:
という訳で先週、シュークリームを食べた瞬間マヤの顔が青ざめ、大量の汗を流しつつ次週へと続いたわけですが、そのシュークリームの中に仕込んであったのは








やべぇ。草入ってたよ

そしてどうやらその草と、赤いのは激辛スパイスだったらしく、改めてマヤはこの世界の恐ろしさを思い知ります。

という訳で以下本編続き


と、そんな不穏な空気漂うスタジオに大きく元気な声が響き、熊本から来たという乙部のりえさんが姿を現しました。
特に何の説明をされていないので何の仕事をするのかは今一分かりませんが、ミーハーな事とタイタイ言い過ぎで熊本弁が異様に怪しいことはひしひしと伝わってきます…



が、ともかくそんな元気な新人さんの登場のお陰で張り詰めていた空気は和らぎ、笑顔を取り戻したマネージャーさん(水城さんだっけ)とマヤなのでした。

そしてその夜、自宅にてとうとう放送が始まった天の輝きをマクラを抱きながら真剣に見つめるマヤ。

ブラウン管に映されたのは、華麗にして剛健な長刀の使い手、さと子。



こうして、本人も初めて見るマヤの演技が初めてテレビで流されたのでした。

翌日、確かな手ごたえと共にきらめく笑顔と共にスタジオ入りしたマヤ。
今日は船上シーンの撮影らしく、船のセットの上に登るマヤ。
そして、カメラが回りいざシーンスタート、と、なった瞬間



バランスを失い、マストが傾いてしまいました。
突然の出来事に騒然となるスタジオと、宙吊り状態になってしまったマヤ。

外でのんびり会話をしている真澄さんや、桜小路君とは真逆に、スタジオは超緊迫状態。

一刻も早く救出が望まれるそんな状況で走り出したのは、共演者の里美君。
速やかにマストを登り、マストを立て直す事で何とかマヤを救出する事に成功します。

そして、何者かによって鍵がかけられたスタジオの扉からなだれ込んできた皆がマストの上で見たのは

一段落し、安堵の中抱き合っているマヤと里美くん



むむ…
マヤに気がある二人には相当キツイシーンですね…w

そして舞台裏。
なんとマヤの乗る予定だったマストからは、一本のボルトが抜かれており、この所為でバランスを失った模様。
ヘタしなくても人命に関わることなので、これを仕掛けた犯人は相当キレた性格してますね…

そして、その次の日もマヤへの嫌がらせは続き、マヤが入る予定のドアの上にバケツが仕掛けられており、撮影を開始しようとライトを移動させようとすると、そのライトに押されてバケツが落下。
そしてマヤに水が降り注ぎました
ケタケタと笑う里美君の親衛隊。

もしバケツがひっくり返らず、水を入れたままマヤの頭上に落ちたりしたら軽く首の骨がへし折れる大惨事が予想できるのですが…(マヤの全身がずぶぬれになったため、恐らく水は満タン
大した精神の持ち主たちです…



誰もがシーン撮影を諦めかけ始めます

……が

一人諦めないマヤ。
撮影の予定も押しているため、ぶっつけ本番で撮影開始です。

外は嵐…
その中をさと子は手紙を届けにきた…
自分で現在のシーンを確認しながら撮影に挑むマヤ。

そして、扉が開き、レンズに映ったのは、息を切らせ嵐の中を走ってきたさと子。

そう、マヤは自分で外の状況を考え、うまくそれを調理する事で、水に濡れた自分を利用する事に成功したのです。

そして、カット──

卑怯な策略は逆にマヤの恐るべき才能を開花させてしまうのでした



そして、見事オッケーを獲得したマヤですが、今日の撮影が済んだら、すぐさま次のシーンで必要なお手玉の練習。
女の子だから先天的にスキルを持ってたりしそうですが、生憎マヤにはその才能はないらしく、幾度も練習に明け暮れます。

そして本番。
描写はありませんでしたが、一応完成にはこぎつけたのでしょう、葬式のシーンでお手玉を始めるマヤ

ですが──

突然、お手玉が破裂し、中身がばらばらとはじけ散ってしまいました。



“してやったり”とばかりに、にやつく親衛隊ですが、もはやこの手の嫌がらせに完全に耐性が出来てしまったのか、密やかに微笑むマヤ。

エキストラの所持する蜜柑を貰い、それを用いてお手玉開始。
度重なる嫌がらせのお陰で、完全にその対処を覚えてしまったようですw

そして、その後こと演技以外では鈍感なマヤに変わりちょっかいを出した親衛隊にキレる、女優さん(名前知らん)
流石にその迫力に親衛隊も、気おされ素直に謝り、このお手玉事件への関与を認めこの事件“は”完結。

…そう、以前のマストの件や、マヤに水をかけてきた猟奇的な嫌がらせの犯人はまだ別にいるのです。

そして、時は流れマヤ主演の映画の完成披露パーティ。
その裏で餌をまくことで、犯人と思しき人物を少しずつマヤから遠ざけようと頑張る真澄さんですが、当のマヤはそんなことなど露知らず

里美くんと交際宣言

──誕生、バカップル



これまでの苦労人生から一転幸せの絶頂に躍り出たマヤですが、悪意はいまだ衰える事無く、マヤを狙い続けているのです

そのことを、今マヤは忘れかけているのでした…

~次週へ~
スポンサーサイト
ランキングへ←面白かったらワンプッシュ
高みへと連れて行ってくださいw

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
※タグチックなものが使用可能。
太字にしたい場合は[太字][/太字]。
斜体にしたい場合は[斜体][/斜体]。
色を変えたい場合はで[色:FF0000][/色](デフォルトで赤にしてます、FF~の部分をお好きな数字に書き換えて色を指定してください。参考:フォントカラー早見表)で変化を与えたい文字を囲ってください。


URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
第26話 マヤを狙う影2005年9月27日放送大河ドラマがきっかけでマヤの人気は急上昇し、注目を浴びる。マヤはCMや映画に起用されるが、それは他の女優達を蹴落とす結果となった。そ
2005/09/29(木) 20:44:47 | 本日のおすすめメニュー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。