↑をクリックでトップに戻れるのですよ~。アニメ感想とか駄目人生晒しが主体      近況:さっさとメスドロアーに俺のキャッシュをぶち込みたいぜファック!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ランキングへ←面白かったらワンプッシュ
高みへと連れて行ってくださいw

--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
ガラスの仮面@第19話、外れた仮面
ガラスの仮面:
レイとサヤカの名演、そしてそれを受け止めるマヤの人形役により口コミから一気に人気を爆発させた演劇「石の微笑」。
その人気は目の前のオリオン劇場をも脅かすほどになっていました。
客層においても新規の顧客を失ったオリオン劇場はほぼ完敗といっても良いほどの差を目の前の劇場に付けられる結果となりました。

そして場面が変わり、「石の微笑」の舞台裏。
絶大な女性人気を誇るレイや、ストーキング中の真島君、そしてマヤの尋常ではない集中力を話題に出演者達が話に花を咲かせています。
と、そこに表れた月影先生。

どうやら前回の外出に味をしめたのか、また今回も病院を抜け出してきたようです。
またこれで体壊すんじゃあるまいよなw



後ろでガン睨みしている人が気になってしょうがないですが、待機中の縁者の会話に割り込みつつマヤの重要性を語り始める月影先生。
月影先生の言うように、マヤが完璧に人形として演じきれればこの舞台は成功、演じきれなければ失敗という見方で問題ないようです。

そして場面が変わり舞台「奇跡の人」のヘレンケラー役に付いて会議中の大都劇場の人々。
どうやら、絞込みはすんだようで、本命であるところの姫川 亜弓を含む15名の審査を経て、役者を決定する運びのようです。
が、ここで割り込む真澄さん。
そして、進めた追加の候補者…

北島 マヤ


重鎮の真澄さんの提案を無下に断ることも出来ずに、審査はこの16名で行われる事になります。

しかしそんな裏事情をまだ知らされていないマヤ。
次の日、劇団から浮かない顔で現れます。
すると、マヤの前に現れた人。
真島君がマヤを待っていました。

会話の最中も、キャシーの面影をマヤに映す真島君。
少々危ないですね;
そして二人は喫茶店へと。
謙遜謙遜のマヤとの会話…
そして、帰り際。
ついに告白する真島君

しかし、心に想う人のあるマヤの答えは当然──



こうして、マヤの回想から移っても、今一違いの分からない真島くんですが、やっぱり桜小路君とは張り合えないらしくマヤに振られてしまいます。

そして、帰路に付くマヤ。
しかし、真島君に思い出させられた桜小路君のことを想うと、マヤの目からは涙があふれるのでした。

そして翌日。
いつものようにアパートから劇場へと向かうマヤとレイ。
と、玄関には懐かしい人影。
以前マヤたち親子が勤めていた中華料理屋の娘、杉子さんがアパートを訪れていたのです
久しぶりの再会。
ついつい、マヤの口からは母の安否を尋ねる質問が零れます。

そして、そこで初めて知らされる母の状況。
診療所へと向かったはずの春は、三日前から行方をくらましていたのです。
マヤに芽生える動揺。
直ぐには話す事すら出来ず、質問に対し首を横に振ることで答えるマヤ
そして、ぶつぶつと母の取った謎の行動に考えをめぐらせます


母さん、行くところなんかないもの。
どこにもないもの


しかし、舞台をほっておくわけにも行かず、かつてない動揺を抱えたまま劇場へと辿り着いたマヤたち。
ふと、呼吸を整えながら横をみると、そこには─

行方をくらましていたはずの母が、咳き込みながら歩いているではありませんか。

吹き飛ぶマヤの理性。
信号などまるで目に入らず、道路に飛び出そうとしたマヤですが、なんとかレイに押さえられ、事なきを得ます。

こうして大事な千秋楽にゆらぎきった心のまま挑む事になったマヤ。
途中までは、無心で挑んできたマヤですが、次第に先ほど見かけた母のことがマヤの心を支配し始めます。

思い出す母との思い出。
そして、いつしかマヤの目からは涙が流れ始めます。



外れた仮面…
どよめきはじめる観客ですが、ここでレイが咄嗟の機転。

置いてあった花瓶の水をマヤ目掛けて放ち、事なきを得ます

………

どーでもいいけど




この顔怖っ





↑クリックで拡大


一瞬かつてないほどの生気のなさを見せたマヤの演じる人形ですが、当然舞台中でのマヤの乱心は、月影先生の逆鱗に触れ、マヤは頬をはられ一ヶ月の謹慎を命じられてしまいます。

その夜、立て続けに起こった色々の出来事に放心状態のマヤに優しく語り掛けるレイ。
女優は皆、薄く脆いガラスの仮面をかぶり舞台に立つ。
それをかぶり続ける事が、真の女優になることであり、それを出来なかったマヤはまだ女優には遠い…

そして次の朝。
鳴り響く目覚ましに促されながら目覚めるレイ。
と、そこにはいるはずのマヤが居ない。

昨日見かけた母さんが気になって仕方ないらしく、東京中を探すたびに出たらしいのです。
うーん、行った傍から…
真の女優への道はまだまだ遠く険しいですな。

時間が経つにつれ、怪しくなる雲行き。
ついに雨が降り始めてしまいました。
戻るべき舞台からは遠ざけられ、さながら母と同じように行く当てを失ったマヤ。
雨をしのぐ屋根を借りるため、近くにあったビルの軒を借りる事にします。
と、中が映り

…なんと中には速水社長


うーん何とも分かりやすいフリ…w
そしてこれに付いてくるように、これまた分かりやすい展開が訪れます。
何と(我ながらわざとらしいw)、今日舞台に上がるはずの女優が、急遽出演不能になってしまったのです。
あまりに急な出演不能。
主役でなかったのが幸いといえば幸いなのですが、やはり突然の出来事。
台本を書き換えるわけにも行かず、豪華キャストを据え、ミスれない舞台だけに困った感じです(あんまり緊迫感を持たせて書いていないのは仕様です)

と、速水社長の眼に映る意中のおちびちゃん。



またからかいに来たのかと速水社長に対し身構えるマヤですが、なにやらこまった顔で速水社長は出演依頼を持ちかけてきました。
ただならぬ気配に謹慎中であることを明かす間もなく、舞台に上げられることが決定してしまいました。

ばたばたと準備を始める舞台裏。
そして猛烈な勢いと、凄まじい集中力で台詞を暗記していくマヤ。
演じることにはこちら側も不安がありますが、台詞の暗記に関しては何の心配も要らず、問題ないでしょう。
案の定、偶然にも舞台を同じくする亜弓さんもお墨付きをくれます。

一方、そんなマヤに対しよからぬ考えを抱く演技者の一人。
ただでさえギリギリのマヤにいらんことをしようとか考えるなよ(;´Д`)

そして亜弓さんの好演によりぐいぐいと観客を引き込みつつ進んでゆく舞台「夢宴桜」
問題のマヤも、舞台あらしの才能を見事なまでに光らせつつ、即興とは思えないほどの演技で共演者をずるずると食い始めます。



当面の心配だった集中力不足も今回は発動していないみたいで、今回は磐石に終了か?
とおもった次の瞬間
妨害がその効果を表し始めます。

演じるはずのシーン。
しかしそれはマヤの貰った台本に記されていたものではなく、変更前のもの。

マヤは、言うべき全ての台詞が分からないまま舞台に上がらざるを得なくなってしまったのです。





………



アチィ


あちぃわこの演出(・∀・)


ベタでも何でもいいです。
ここまで持ってくるまでの流れに息つく暇がなかったんですから(・∀・)

いいですか?
今までマヤは与えられた台詞や演技、動作を才能で演じてきたんですよ。
でも今回はその全てを取り上げられ、手探りでその全てを行わざるを得ない。
・ ・ ・ ・ ・ ・
ここで初めて我々はマヤの才能の全てを知ることになるんですよ!

この次の話をしくじらなければ、相当アツい作品にまで上り詰めてくれそうです!

~期待の次週へ~
スポンサーサイト
ランキングへ←面白かったらワンプッシュ
高みへと連れて行ってくださいw

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
※タグチックなものが使用可能。
太字にしたい場合は[太字][/太字]。
斜体にしたい場合は[斜体][/斜体]。
色を変えたい場合はで[色:FF0000][/色](デフォルトで赤にしてます、FF~の部分をお好きな数字に書き換えて色を指定してください。参考:フォントカラー早見表)で変化を与えたい文字を囲ってください。


URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
あー、泣いちゃった! 反対押し切り家出して。 お母さん病気で行方不明。 それっぽい人見かけたら追いたくなります。 そしていろいろ想い出します。 絶対泣きますよ。 でもそれを出さないのが役者。 中学生のマヤには大変なことですよ。 舞台が終わって。 お母さん探
2005/08/12(金) 23:25:41 | アーリオオーリオ
セリフも動きもない人形の役、大変だよねぇ~!ジッとなんて何分出来るかしら。。。? 絶対無理。。。ちひろです。この舞台を生かすも殺すもマヤの演技次第。人間味を見せたらそこで終わり。とっても危険性をはらんだ舞台なのね。ドキドキしちゃうよ! 地下劇場は今日も満
2005/08/13(土) 00:01:15 | ちひろのスキきらい
「外れた仮面」「石の微笑」は大衆の心を掴んで大ブレイク。レイは女の子の心をがっちりキャッチしているし、マヤの人形の演技も見事なものです。とはいえ、「石の微笑」が成功するか失敗に終わるかはマヤの演技にかかっており、マヤが少しでも人間の素振りを見せれば舞台が
2005/08/13(土) 22:09:51 | ラブアニメ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。