↑をクリックでトップに戻れるのですよ~。アニメ感想とか駄目人生晒しが主体      近況:さっさとメスドロアーに俺のキャッシュをぶち込みたいぜファック!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ランキングへ←面白かったらワンプッシュ
高みへと連れて行ってくださいw

--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
Extra 通り雨にて 或いは少女はいかにしてその心情に至ったか?@エルフェンリート
エルフェンリート地上波版:
さて、Extraの感想ですよ

話は、黒煙をもうもうと噴き上げるフライパンを持ちあたふたしているナナ。
そんな楓荘のワンシーンから始まりる本エピソード



どうやら、ナナは楓荘においてもらう代わりのお手伝いをしようとしているのです。
ですが、外界に出てきたのがつい最近のナナ。
当然、持ち前のパワフルさも災いしてまともにお手伝いが出来ません。

キャベツを千切りしようとすれば、力任せに振り回し、危うくマユに刺さりかけ



ベクターを平和利用しようとすることさえ、守秘義務に背く事になったりと、中々上手く行きません

そんな失敗続きのナナを何とか励まそうとするマユは、その事をコウタたちに相談し、コウタから、にゅうと掃除させる提案を受けます。

そういうわけで、お掃除をする事になったナナは、同属であるルーシーにだけは負けたくないと意気込みますが、やはり、こういう習慣に慣れていないのかお馬鹿なのか床拭きをノンブレーキで敢行し…

クラッシュ─



こうして床掃除は終わり、今度は窓拭き。
ですが、やはりここでも持ち前のお馬鹿ぶりを発揮するナナ。
落ちないガラスの汚れを力いっぱい擦り上げ、窓をぶち抜いてしまったのです。

そんなこんなで前途多難なお手伝い計画は、一端休止し、初めてのおやつを食べる事になったナナは、始めてみる鳥サブレ(だっけ?ハト??)に大興奮
そして、一通り絶賛し終わった後は、メインの味見



そしてここでも
「うっそ!食べるとすっごく美味しい」

と大感動

甘いものを食べるって習慣がなかったんよね・゚・(ノД`)・゚・セツネェ

そして、そんな感動中のナナに今日の掃除の出来映えをやんわり尋ねるマユ
と、途端に顔をしかめ、「お掃除嫌い」とふてくされ始めるナナ

すると、そんなナナにコウタがわがままを言うなと怒り始めました
高まるナナの不満。
自分に対し理解を示そうとしてくれない人間たちにナナは苛立ち楓荘を出て行ってしまいました

そして、一人海岸で、楓荘への不満をつぶやくナナ。
と、聞えてくる聞き覚えのある太い声。

何と坂東さんが海辺を掃除していました



どういうわけだか、殺しを愛する軍人から


美観を愛する面白軍人
へと変貌を遂げた

…かに思えた坂東さん

でしたが、どうやら、話を聞くに、投げるものがなければルーシーと再戦したとき、勝てるという算段の元の掃除だったようです

まぁ、その作戦がどうなったかはスルーな!

そんな面白軍人との再会を経て、坂東さんににゅうを発見したら海岸に連れ帰るよう言われ、楓荘に戻ってきたナナ
と、開門一番ナナに飛びいてきたにゅう
なにやら、ナナの帰りをまっていたと、マユの説明。

つい先ほど、海岸でにゅうへの文句を言い、坂東さんの所へにゅうを連れて行く予定だをしていたナナは、そんなにゅうに少々面食らいます
そして、時が経ち、ほとぼりが冷めたのか先ほどナナを叱ったコウタたちも言い過ぎた、とナナに謝罪
こうして双方の歩み寄りがなされたかに思えました
が、にゅうを連れ、どこかに向かうナナ
そして、二人はどこかへと向かうのでした…

さて、こうして二人が辿り着いた先
それは鳥居の並ぶ場所(神社かな?)でした。

そして、まるで無防備なにゅうに対し、このチャンスを狙うべきか否か悩み始めるナナ
と、突然ナナのほうへ振り向くにゅう。
気取られたか、そう思った刹那─

場面が変わり海の坂東さんの映像。
味方かどうかも分からないナナがルーシーを連れて来ると信じ
降り出した雨に、この後の展開を考えニヨニヨとしております
案外ピュアな人です、坂東さん


と、場面が戻り映る先ほどの場面の続き
我々の目に入ってきたのは…

先ほどのお菓子を手に持ち、にこやかに微笑むにゅう



そんな、全く自分に対し警戒を見せず優しく接してくるにゅうに対し、ナナは驚き後ずさり
そして、そんなナナを追うにゅう。
と、その時、雨で濡れた床がにゅうの足を取り

倒れるにゅう…



と、そんな感じで不穏な空気の漂い始めた神社(違うかもしれないけど、便宜上)ですが、ここでシーンが変わり、蔵間室長が写真を見つめているシーンへと。

そして、そのまま場面は蔵間の回想シーンへと。
どうやら、思い出しているのは、神奈川県の連続殺人事件の犯人、ルーシーの捜査に関して。
そして、その回想は、そのまま頭を打ち、ルーシーとして半覚醒しているにゅうの夢へとクロスしていきます…

にゅうがみているのは、その当時の追跡者からの逃亡の記憶。



どこかのおもちゃ売り場らしき場所で、うずくまり小声で話し合う、ルーシーと見知らぬ少女
経緯不明ですが、胸にべったりと血をつけ、これ以上の逃亡を諦めかける少女を、ベクターで人形を空中に浮かべ自分は魔法使いだと称し、はげますルーシー



その外で、突撃に向け構える蔵間と、角沢。
そして、中では、ルーシーに対し信頼を示し、友情の証として帽子を受け取る少女
そして、少女は友を救うため、ルーシーの身代わりとして警察に出頭する事をルーシーに告げます
そんな少女に驚き、説得を始めようとしたルーシーに当たるライト

そして─

注ぐ銃弾の嵐。
少女をかばい、必死で銃弾を弾きつつ、反撃をするルーシー



守りきれるかに思えた局面ですが…

少女達の横から密かに向けられる銃口
そして、少女を貫く銃弾…

ルーシーの目の前を、通り過ぎていく大切なもの



こうして、この命を救うため(重症ではありますが、死んではないです。念のため)、ルーシーは自らの身を差し出すのでした

こうして、回想シーンもクライマックスに近付き、にゅうに起きる変調。

このまま行くと、何かよくないことが起こる─
そんな不安を孕みながら、回想もクライマックスへ

告げられた友の死。
その悲しき知らせに、蔵間に関わる全てのものを殺すと宣言し、ルーシーは檻の中へと入っていくのでした



こうして、長き追憶は終わり…
目覚めたにゅう
晴れた不安、その開放感からにゅうにだきつき、ごめんなさいとにゅうに謝るナナ

と、外には楓荘の面々。
こうして迎えに来たコウタたちと、家に帰ったナナに起こる嬉しい出来事。
何とユカとマユが、ナナのために服を買ってきてくれていたのです

初めて触れたあたたかさに涙を流し浸るナナ
こうして、ナナは楓荘の人間として自らを自覚し、ルーシーとも親しくなれたのでした

坂東さんをスルーしつつ

~雨の日の少女の心変わりに至る過程及びエルフェンリート感想、終~
スポンサーサイト
ランキングへ←面白かったらワンプッシュ
高みへと連れて行ってくださいw

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
※タグチックなものが使用可能。
太字にしたい場合は[太字][/太字]。
斜体にしたい場合は[斜体][/斜体]。
色を変えたい場合はで[色:FF0000][/色](デフォルトで赤にしてます、FF~の部分をお好きな数字に書き換えて色を指定してください。参考:フォントカラー早見表)で変化を与えたい文字を囲ってください。


URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。