↑をクリックでトップに戻れるのですよ~。アニメ感想とか駄目人生晒しが主体      近況:さっさとメスドロアーに俺のキャッシュをぶち込みたいぜファック!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ランキングへ←面白かったらワンプッシュ
高みへと連れて行ってくださいw

--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
ガラスの仮面@第14話、宿命のライバル
ガラスの仮面:
さてさて、映画撮りも、いよいよ佳境。
練習に練習を重ねたマヤは、本番でもその積み重ねた修練の結果を見事に発揮し

見事、主役の度肝を抜きます



これだよこれ!

亜弓さんがリアクション薄すぎて、今の今まで気付かなかったけど、このイレギュラーな演技力に対する驚きも、この作品の魅力なんだよね(cf:恐ろしい子)


ナイスリアクション!!


そして、そこに現れた舞台演出家。
と、その目に飛び込んできたのは、本番の間にも修練を重ね続けるマヤの姿。
そして、その目は、マヤの才能を即座に見抜きます

そして、監督に「あの子…?」と質問をする舞台演出家は、マヤがオーディションに落ち、今チョイ役として出演している事を知り、その才能の無駄遣いに憤慨を始めます

よかったね♪マヤ!
見てる人は見てたんだよ♪

と、場面が切り替わり、一点をガン睨みするマヤ



自分の不遇さにようやく気付き、監督にキレ始めたのかと思いきや

見つめていたのは階段の先。
どうやら次のシーンに向け、集中状態に入っているようなのでした。

そして響くカチンコの音
マヤの最大の見せ場が始まりました。
もはや極限まで研ぎ澄まされた役への感情移入は、主役及び全ての関係者の目を一点に集中させます



そして主役のまたしてものナイスリアクションを皮切りに、もはや、そのシーンのカメラはマヤのものとなるのでした

こうして終わった映画の撮影

と、場面が変わり、姫川家。
そして、亜弓さんもまた、紅天女を演じるという事と、それを多くの経験と、類稀な才能を必要とする紅天女を演じるという事の難しさを母から教えられます

そして、始まった映画の公開。
そしてそれは、今まで何も目立つ事をしてこなかったマヤを一気に人気者へと変えました



そしてそれと同時にマヤに注がれ始める嫉妬の目。

こうして何もかもが変わったか…
に思えた学校生活ですが、マヤ自身変化は殆どなく
裁縫の時間では両方の袖を縫い合わせたりと、いたっていつもどおり

つか、「あなただけですよ!」
で、マヤがまだ修学旅行費を納めてなかったのかとハラハラした罠
そういや、そのために映画のオーディション受けてたんだよねw

さて、一転、場面が変わり劇団オンディーヌ。
そして、稽古の合間に亜弓さんの目に飛び込んできたのは、次回の公演「美女と野獣」の野獣の手下役を誰がやるかもめている最中の研究生達
と、突然亜弓さんが口を開き、何と、その役を自分にやらせてくれるようオファーを始めました。

そう、亜弓さんも紅天女を目指し、色んな役の経験をつむことを始めたのです。
その静かなる情熱を目の奥に秘めて(るようには見えなかったけど;)



さらに場面は変わり、シーンは、マヤの学校の放課後。
マヤ達は、近日に迫った演劇部の練習を見に行きます
そして、当然のように、演劇活動に反応し、きらきらと目を輝きださせ、部室へとはいっていくマヤはそのまま部室へと入って行き、舞台への出演の交渉を始めました。

当然の如く断られるマヤですが、ここで、部長が登場。
マヤの演技を見て舞台に立たせるかどうかを決める事をマヤに告げます。
映画に出たマヤの実力を暴き、あわよくばこけにするために…

さてさて、始まった劇出演のチャレンジ
配役をゲットすべく、マヤにだされたお題は、通行人の役。
個性の出しにくい役を与え、マヤに実力を出させない作戦でしょうか。
しかし、予想に反しマヤは、その通行人の性別年齢に付いての情報を聴き始めます。
予想外の展開に、通行人は通行人よ、と逃げる部長ですが、マヤはその通行人の性別、年齢によって、歩行速度、仕草が変わってくるのだと説明。

月影先生のしごきはこんなところにまで影響を与えてたのね(つД`)

そんなマヤに面くらい、しょうがなく「物売りのおかみさんの帰宅途中」というシチュエーションを与える部長さん。
そして、これまでのしごきのおかげで、見事、その要求に応えるマヤ。
こうして、マヤは見事に役をゲットするのでした。

そうして、発表の当日。
当然のように起こるハプニング。
何と主役の女王役の子が盲腸で入院し、劇に出られないのだという。

どよめく団員達。
そして、仕方なく、唯一全ての役者の台詞を完全に暗記しているマヤにその大役が回ってくるのでした



こうして突然に、主役を演じる事になったマヤ。
部員達の鼻を明かしてやれという気持ちと、今度こそ完璧な舞台編をみたいという俺たちの期待を背負い、マヤはその身を舞台に投じます─

が、なんとあっという間に舞台は終了。

うーん確かにマヤの凄さは伝わってきたんですがちょっとあっさりしすぎなような;;

まぁ、そんなこんなで舞台を終え、アパートへ戻るマヤ。
と、中から聞える声。
何と速水が、月影先生に、紅天女の上演権を譲ってもらう交渉をしに着ていたのです。
しかしながら、当然月影先生の返事は「NO」
いつものように怒りを露に、速水の申し出を断ります、と、突然胸を押さえ崩れ落ちる月影先生

また、例の発作が起こったのです



こうして、速水のせいで月影先生が倒れたのだと怒るマヤ。
ですが、速水の去り際の、マヤは月影先生の負担発言に心を乱し、また例のコンクールの真実(ではないのですが)に正体を知らず、速水のことを本格的に嫌い始めるのでした

~次週へ~
うへーん;
今週は展開がマッハ過ぎて何を書いていいか分からんよー・゚・(ノД`)・゚・
スポンサーサイト
ランキングへ←面白かったらワンプッシュ
高みへと連れて行ってくださいw

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
※タグチックなものが使用可能。
太字にしたい場合は[太字][/太字]。
斜体にしたい場合は[斜体][/斜体]。
色を変えたい場合はで[色:FF0000][/色](デフォルトで赤にしてます、FF~の部分をお好きな数字に書き換えて色を指定してください。参考:フォントカラー早見表)で変化を与えたい文字を囲ってください。


URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
「ガラスの仮面」第14話 宿命のライバルマヤが出た映画が公開される。ちょい役のはずのマヤがアップになって出てきて驚く。学校でも話題になるが、演劇部への入部を希望するマヤは部員から冷たく扱われる。演劇発表の当日、女王の役の生徒が急病で、急遽マヤが代役に立つ
2005/07/07(木) 01:05:10 | 本日のおすすめメニュー
先週マヤちゃんの一生懸命さに心打たれたちひろです。・足の不自由な少女(マヤ)が主人公エミちゃんのそばを歩くだけのシーン。この時演出家の田辺先生が、「君たちの目は節穴かね。。。!」演劇コンクールで。。。一般投票で。。。言葉が続くと思ったら、出てきませんでし
2005/07/07(木) 07:40:02 | ちひろのスキきらい
 今はマジで「王子と少年」なんですね。驚きました。言葉狩り、恐るべし。 続き→ 
2005/07/08(金) 00:24:54 | 吠刀光
「絢爛舞踏祭」買いました。対人感情で「性愛」とかあったり、技能に「大人」があったりするのは、いかにもアルファシステムっぽいなぁ、と思いましたwただ、アニメの「絢爛舞踏祭」を見ていた身としては、キャラボイスがない点は寂しい限り。  ガラ
2005/07/10(日) 04:48:31 | アニヲタ、ゲーヲタの徒然草(仮)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。