↑をクリックでトップに戻れるのですよ~。アニメ感想とか駄目人生晒しが主体      近況:さっさとメスドロアーに俺のキャッシュをぶち込みたいぜファック!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ランキングへ←面白かったらワンプッシュ
高みへと連れて行ってくださいw

--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
ローゼンメイデン、第06話@涙
ローゼンメイデン:
なにやら、恐ろしげな人形の登場するくんくんの1シーンから始まる今回のローゼンメイデン。
目を光らせ、くんくんに襲い掛かるその人形にこだまするノリと翠星石の悲鳴。
どうやら、口は悪いですが、翠星石は怖がりなようです

そして、そんな怪奇人形に震え上がる、姉に呆れ、自分達を見ろとため息を漏らすチビ人間
若干、腹が立ちますが、概ね俺もそんな印象です
と、立ち上がり自分の部屋へ向かうジュン。
すると、自分も立ち上がりジュンの方へ、本を開きながら付いていく真紅様



─これは、まさか

そして、フェイントをかけつつ、推測を確信に変えていくチビ人間。
と、ようやく口を開き

「ちょっと、早く何処へ行くか決めなさい。
落ち着かないじゃないの」

と真紅様

そして、その瞬間、確信に変わった、チビ人間の推測。
そう、真紅様は一人になるのが怖かったのです。
と、紅潮を始める真紅様の頬。

そして、罵倒を始める、空気の読めない家来のほうに向かっていき、すねに向けて加えられた真紅様のトゥキック。



改めて、こういう反応やら何やらを外さないアニメですな!(*´Д`*)

と、場面は変わりダイニング。
苺のショートを食べようとする雛苺にべったりくっつく翠星石。
どうやらこっちはこっちで未だに恐怖心がぬぐえないようです
んー。
何だかこの新鮮さ、いいですねぇ(・∀・)

そして、さらに場面は変わりジュンの部屋。
相変わらず、窓を開けるように頼んでも閉めようとしない、どちらが主人か分かっていないチビ人間の腹に



一撃─

第1話とは比較にならないパワフルな一撃にのたうつチビ人間に

「あなたはまだ、自分の立場が分かって無いようね」

と、怒りを露にする真紅様。
全くそのとおりですな!

そして、ようやく目的を達成し、窓から吹き込む風に、髪をなびかせる真紅様
そして、そんな真紅様の美しさに、人並みの反応を示すチビ人間。
と、そんなチビ人間に気付いた真紅様

「何見てるの?」
と探りを入れると
「み、見てねーよ。何言ってんだよ…」
と案の定な反応を返すチビ人間

すると真紅様は何故か悲しげな顔で
「そう…ちょっと残念…」
と俯いてしまいました

予想外の衝撃的展開に
「えっ…」
と、思考を止めるチビ人間に

寂しげな目でジュンを上目遣いしながら
「わからないの…?私のホントの気持ち…」

と、なおも続ける真紅様

そんな、視聴者呆然な状況がクライマックスになろうとした時

バシッ

部屋に響く乾いた音

そして口を開く真紅様
「冗談よ…何気分出してるの?」


ちょ(*´Д`*)


何この知能犯な仕返し!
主従関係を教えるためとは言え、毎回こんな事されてたら社会復帰も遅れそうな気がするんですが??(*゚∀゚)=3

さて、そんな萌えシーンが流されていたころ、一階では異変が起こっていました。
恐怖で、感覚が研ぎ澄まされていたのか、その異変を感じ、その場に向かう翠星石、と付き合わされた雛苺。

その先は、かつて、事件がおきた元となった場所、物置
雛苺に戸を開けさせ恐る恐る中を覗き込んだ翠星石の目に飛び込んできたのは

異質なるもの



悲鳴をあげ、ぶんぶんと腕を振りながら恐怖を伝える、翠星石でしたが、その正体がぬいぐるみである事が雛苺により、直ぐに明かされます。

その雛苺の言葉に、ようやく冷静さを取り戻し、まじまじとそれを見つめ、われに返る翠星石は元気を取り戻したついでに、

「まったく、むかつくカバですぅ
さかさまにして、バカにしてやるです!」

といつもの調子に戻ります

まぁ、正直フォローしきれず恥を重ねてるわけですがw

と、そんな二人の背後から突如、聞える笑い声。
そして、揺れる鏡面
黒き翼のドールが再びその姿を真紅たちの前に現しました



なにやら、話を聞くに、数週間スルーされ続けたのが、寂しかったご様子の銀様は、雛苺を桜田家から連れ去ってしまいます。
そして、主人の断り無しに家来を持ち去った水銀燈にお怒りの真紅様。
罠だと知りながら、真紅様は家来達を引き連れ、水銀燈の元へと向かいます

水銀燈の世界、それは、崩れた建物と、ジャンクと化した人形の支配する、異様なまでに不気味な世界。
そして、その先に待ち構える水銀燈

長い間、スルーされ続けた 沈黙を守っていた水銀燈が、ついにその力を真紅たちに示します

予想を超えて強力な、その黒き羽から繰り出される攻撃



その攻撃は人形の四肢を打ち砕き、真紅を窮地に追いやります



そして、水銀燈の刃が真紅の体を貫こうとしたとき…
輝き始めるジュンのローザミスティカ。
真紅に宿る力。

水銀燈の予想していなかった真紅の力が、水銀燈を退けます



こうして訪れたひと時の平穏。

しかし、行き場をなくした一つの魂



と、立ち上がるチビ人間。
そして、何かを探し始め、探し当てた裁縫道具でその人形の手足を修繕し始めます

と、抱かれていた真紅の腕から光を放ち舞い上がる人形。
ジュンの意外な才能が、奇跡を起こしたのです

こうして、チビ人間の意外な力で〆られたかに思えた、今回のローゼンメイデン。
しかし、話はまだ続き、がくがくと、次第に力を失い真紅がその場に倒れてしまいます



~次週へ~
スポンサーサイト
ランキングへ←面白かったらワンプッシュ
高みへと連れて行ってくださいw

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
※タグチックなものが使用可能。
太字にしたい場合は[太字][/太字]。
斜体にしたい場合は[斜体][/斜体]。
色を変えたい場合はで[色:FF0000][/色](デフォルトで赤にしてます、FF~の部分をお好きな数字に書き換えて色を指定してください。参考:フォントカラー早見表)で変化を与えたい文字を囲ってください。


URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
やっぱ感想書いときます。6話は重要な話でしたから。1~4話でドールズを1体ずつ出して、5話で原作版ローゼンの持っているギャグ要素を集中させて思いっきり息抜き。アニメ版ローゼンは「ジュンのひきこもりからの脱出」に最も焦点を当てて描いているわけだが、6話から
2005/07/05(火) 23:42:23 | 【馬と戯れる少女逆転スリーラン】
さて、いつものようにくんくんのテレビ番組から始まる日常シーン。しかし、何やら真紅の様子がおかしい。くんくんが出てる番組はいつも見てるはずなのに、今日は顔を隠し全く見ようともしません。真紅は内容が少しホラー系だったことで怖がっていたのです。2階に上がった後、
2005/07/16(土) 12:24:56 | ジェリタの気まぐれアニメ日記
品質評価 25 / 萌え評価 44 / 燃え評価 18 / ギャグ評価 22 / シリアス評価 37 / お色気評価 7 / 総合評価 26レビュー数 27 件 ドール達はテレビで大好きな探偵くんくんの人形劇を見ていた。内容の怖さに絶叫するのりと雛苺。冷静な真紅と翠星石。だがテレビを見終わった真
2007/10/16(火) 15:27:19 | ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。