↑をクリックでトップに戻れるのですよ~。アニメ感想とか駄目人生晒しが主体      近況:さっさとメスドロアーに俺のキャッシュをぶち込みたいぜファック!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ランキングへ←面白かったらワンプッシュ
高みへと連れて行ってくださいw

--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
かみちゅ!@第01話、青春のいじわる
かみちゅ!:
また例の如く途中保存になりそうな悪寒_| ̄|○
まま、頑張りますよ、と。

いつもの教室に突然割り込む異質な言葉

「私神様になっちゃった」


とても信じられない情報に、一応あわせて「何の」と聞く親友。

そんな、とても不思議始まり方で、かみちゅ!の幕は開けます。

そして、まったく信じる気配の無い親友のくれたお供え物を箸に挟み、「何の神様になったのか知っておきたい」とつぶやく少女



と、どこで聞いていたのか突然、椅子と共にその会話に割り込んでくるクラスメイト
そして、ジャイアン以上の強引さでその少女の心の友になったクラスメイト
話を聞くに、どうやら、その少女が神様である事を彼女も感じており、とくに宿題を忘れて立たされていた少女の立ち姿に今までに無い神々しさを感じたのだという


神々しかった?私!

そして、合致する二人の興味「神様」に付いて調べる事になりました

こうして、始まったゆりえは何の神様なのか調べ。
どうやって、力を出せばいいのか分からないというゆりえの意見から、まずはラジオ体操のテーマとポーズとともにそれは始められます

しかし、一向に、ゆりえの神通力は目覚める様子がなく、へたり込むゆりえ。
と、そこに落ちてくる習字「おまえはもう、死んでいる」

そんなパンチの効いた一文の降ってきた先を見ると、そこには「書道部」の看板。
どうやら、書道部員の仕業だったようです(わっかりやすーい
そして、その書道部員の姿を見た途端、頬を赤らめる、ゆりえ


せーしゅんですなぁ
(うっせーよ

そして、そんなまごまごしているゆりえに、微笑みながら告げられた親友(とも)のことば。

「風の強い日、この屋上で告白すると、その恋は絶対に実るって」

そんな、全く持って信憑性を持たないオカルトを本気で信じるゆりえ。
こうして、もう一度何の神様なのか探しが始まります

そして、強い気持ちとともに放たれた呪文

「か・み・ちゅ!!」





Σ(*´Д`*)ドキン

ちょ、おま、テラカワイス!(*´Д`*)
何?このポケモンは、何なの??

俺の心に電気が走ったから、ピカチューの進化系で間違いないと思うんですが?
(*´Д`*)チューチュータコカイナ

そんなこちらの困惑な時間と関係無しに、ゆりえから放たれた力は沖縄を襲い─

出現した小さな凪風

神様の力というにはとても弱そうな風の発生。
そして、そんな風が発生した事すら知らない屋上のゆりえ達
そして、ゆりえの体力の限界とともに迎えられる小テスト。
ともかく、力探しは、これをこなしてからになりました

さてさて、かみちゅこと、ゆりえの力探しは、場所を移し、親友まつりの自宅にて行われる事になりました。
おみくじの結果に、緩やかにゴーゴーなどファンキーさを感じずにはいられないまつりの自宅の神社
ですが、そんな印象とは正反対に、神事に関しての力は本物のようで、儀式により次第に目覚めるゆりえの力



そして、小さなきっかけとともにそれは口から放たれ…

っておま、これ

ネギ先生だよ!!


なるほどなるほど。
俺が見ていた、ネギま!らしきものは偽者で

こっちが本物だったのかと、かってな判断を始める俺の脳。(このネギま!面白いよこのネギま!
ともかくゆりえの力がこの瞬間、ほんの少し、花開きました。

こうして、無事に終わったかに思えた、ゆりえの一日。
しかし、これは始まりにすぎなかったのです。

家で横になっていたゆりえが目を覚ますと、そこには、沖縄から発生した、超大型台風、ゆりえ

異変に気付いたゆりえは、すぐさま学校に向かいます。
と、そこには、いつもの道に満ちる、異質な者達。
どうやら、ゆりえのかみちゅとしての覚醒が、視覚にも変化を与えたようなのです



そして、何とか学校に着き、まつりの力を借り、台風「ゆりえ」を消滅させようとする、ゆりえですが、その力は予想を超えて、大きく

巻き込まれる想い人



刹那、ゆりえに宿る強い思い
口から零れる言葉

その言葉は少女の力を覚醒させます…



こうして、救えた想い人
そして、そのまま、口をついて出てくる切なる思い。
と、その瞬間正気に戻る少女、そして、瞬間赤くなる頬。
そして、そのまま二人はプールへと

そして、再びの恥ずかしさに駆られながらも、先ほどの告白に付いて少年に尋ねる少女。
と、少年の口から出てきたのは

「アンタ誰?」
との問い。

こうして、前途多難なままな少女の恋路。
目に映る少しの異質な者達とともに、意地悪な青春は続いていくのでした

~終~
スポンサーサイト
ランキングへ←面白かったらワンプッシュ
高みへと連れて行ってくださいw

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
※タグチックなものが使用可能。
太字にしたい場合は[太字][/太字]。
斜体にしたい場合は[斜体][/斜体]。
色を変えたい場合はで[色:FF0000][/色](デフォルトで赤にしてます、FF~の部分をお好きな数字に書き換えて色を指定してください。参考:フォントカラー早見表)で変化を与えたい文字を囲ってください。


URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
舛成 孝二監督が得意とする実在風景が秀麗な美術によって際立っています。「おねがい」シリーズでは信州の木崎湖周辺のロケハンが徹底していましたが、「かみちゅ」では瀬戸内海それも本土側の尾道が怪しいですね。突然神様になってしまった中学生一ツ橋ゆりえちゃんは丸で月
2005/07/03(日) 04:19:40 | Anime in my life 1号店
かみちゅ 第1話 青春のいじわるほんわかした感じの作品でした。画の動き方がジブリ作品みたいです。懐かしい感じの世界観。舞台は尾道なのかな?坂の多い田舎の町。尾道3部作と呼ばれる「転校生」「時をかける少女」「さびしんぼう」の世界観に近い作品になるのかもしれ
2005/07/03(日) 20:47:13 | 快楽ぱんだと二次元
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。