↑をクリックでトップに戻れるのですよ~。アニメ感想とか駄目人生晒しが主体      近況:さっさとメスドロアーに俺のキャッシュをぶち込みたいぜファック!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ランキングへ←面白かったらワンプッシュ
高みへと連れて行ってくださいw

--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
ガラカメ第10話@たけくらべ 二人の美登利
ガラスの仮面:

(;´Д`)・・・


↑今回の感想の全て

取り敢えず、俺がこうなった経緯をお話しましょう。

さて、とうとう突入した、演劇コンクール本番。
舞台前、マヤは姫川亜弓にであい、挨拶代わりの皮肉を受けます

火花散る二人…
うーんいいもんです♪(・∀・)
気合の入ったかどうか分からない適当な引き絵で、俺たち視聴者のボルテージも最高潮です!


↑:ちょっち分かりにくいかもしれないので、クリックで大きい画像

さて、ライバルと顔合わせした劇団つきかげは、トリなので時間が余っているので、自分達の番が回ってくる前に最終的な打ち合わせを、地面に書いた舞台の見取り図で練習し、気持ちを盛り上げていきます。
何かこのあたりの描写もほのぼのというか、いい感じに描かれていました。

そして、最終リハを終えた月影先生は、出資元に、最後のクギ刺しを受けます。
カメラワークの関係で、顔を写されていない月影先生ですが、出資元の言葉は重々承知している事でしょう。
何となく空気が伝わってきます。

「あなたは一生かかっても返しきれないほど、負債を負うことになります」
最後の通達を無言で聞き届ける月影先生。

と、ここで事件が

や、別にアニメ本編に直接関係ないんですけど、俺、キャプとり作業しながら、文をかいてるので、たまに画面を見てないときがあるんですよ。
したら、このシーンの後に衝撃的な言葉が飛び込んできたんですよ。

「うれしい…」


もうね、流石にビックリして、一瞬こんな顔しちゃいましたよ


(゚Д゚)・・・


勘のいい方はお気づきかと思いますが、

えぇ、オンディーヌの演技が始まってたんですよね。

いやいや、ビックリしました。

とまぁ、俺的に衝撃的な始まり方をした、劇団オンディーヌの演目「たけくらべ」
前評判どおり、姫川亜弓はその類稀なる演技力と努力(ここ結構大事っぽいです)で、完璧な美登利を演じ上げます。

毎回、俺はシナリオを辿る感じの書き方をしてますが、今回の亜弓さんの演技は中々いい感じの出来だったと思いますよ。

まぁ、前回のマヤの怒りの演技には到底叶いませんが、ドロ草履を顔に受けたあたりの真に迫る感じは、中々見ていて心地よかったのです(・∀・)
あ、そうそう。カツラも良かったですね。
和服に金パはどうも違和感感じる元だったんで



こうして、観客からも一様に高い評価を得て終わったオンディーヌの「たけくらべ」

観客の大拍手に気をよくしたのか、

どう考えても尺取りすぎなオンディーヌの「たけくらべ」に勘違いしたのか亜弓さんもご満悦です(引き立て役ってやつだぜ!



こうして、ようやく、劇団つきかげに順番が回ってきました

自らのライバル、姫川亜弓の完璧な演技としくじれないプレッシャーに押しつぶされそうなマヤですが、月影先生の指摘通り、マヤは仮面をかぶる事で、その身を舞台へと上げます…



否応なしに高まる、期待感。
文字通り、マヤの主演の舞台が幕を開けました。

一方そのころ、亜弓さん。
一向に何の歓声も聞えてこない舞台に、流石に違和感を感じ始め、静まり返った舞台の扉をあけます

と、そこには…



せっかくのアイデアを、微妙な演出によって殺された微妙な舞台にどんな顔をしていいか困初めて見る美登利に見入っている観客達の顔…

そう、そこには、亜弓さんが演じた美登利とは全く別のもう一人の美登利になるはずの娘がいたのです

…(;´Д`)


流石の俺もビックリです。

何せ、前回の若草物語がそこにはあったの

ですから_| ̄|○


尺を取られすぎたせいか、今一盛り上がらない演出。
ちっとも盛り上がらない、スポットライトの演出。

や、も、おなか一杯

ってな感じで時間が過ぎていきました_| ̄|○

コンクールの予選はこうして今回で終わったんですが…うん、まぁ、ねぇ?(微妙なニュアンスで)

演出不足というか、尺の配分間違いというか、

ずいぶんお粗末な予選となりました_| ̄|○

感動している観客をよそ目に、取り残されている気分を味わいまくりでしたよ(´・ω・)
観客がその賞賛を送れば送るほどに、下手すりゃドン引きくらいの勢いで…

もっと考えて(いや、考えて構成してるのは分かりますよ?)話を練っていって欲しいです。
前回上がったテンションがどうにも_| ̄|○
スポンサーサイト
ランキングへ←面白かったらワンプッシュ
高みへと連れて行ってくださいw

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
※タグチックなものが使用可能。
太字にしたい場合は[太字][/太字]。
斜体にしたい場合は[斜体][/斜体]。
色を変えたい場合はで[色:FF0000][/色](デフォルトで赤にしてます、FF~の部分をお好きな数字に書き換えて色を指定してください。参考:フォントカラー早見表)で変化を与えたい文字を囲ってください。


URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
とうとう、マヤと亜弓のたけくらべ対決です。コンクール当日、ロビーでばったりのつきかげvsオンディーヌメンバー亜弓は、同じ美登利役を演じられて嬉しいと皮肉を言うが、マヤには通じない。天然なのね!マヤちゃんは。。。桜小路君はすれ違い様、周りに気づかれないよう
2005/06/09(木) 07:49:40 | ちひろのスキきらい
鉄人28号のアニメ版映画「鉄人28号 白昼の残月」が計画されていることを初めて知る。嬉しいやら不安やら…。  雪の女王を見る。カイは価値観や性格が変わったというよりは、故意に相手の嫌がることをやるようになったって感じかねえ。(微妙な表現
2005/06/11(土) 18:51:45 | アニヲタ、ゲーヲタの徒然草(仮)
ガラスの仮面 第10話「たけくらべ ふたりの美登利」表彰式でお辞儀した拍子にヅラが取れて慌てるマヤちゃんに萌え~w
2005/06/13(月) 06:26:41 | あにめ日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。