↑をクリックでトップに戻れるのですよ~。アニメ感想とか駄目人生晒しが主体      近況:さっさとメスドロアーに俺のキャッシュをぶち込みたいぜファック!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ランキングへ←面白かったらワンプッシュ
高みへと連れて行ってくださいw

--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
エルフェンリート@第10話、嬰児
エルフェンリート地上波版:

うん。やっぱり今週も以下十五禁

さぁて、話は前回のルーシーの記憶編から一気に現代へと戻ってきました。
場面は楓荘前、一触即発状態のルーシーとナナ。

ルーシーの挑発に、戸惑いながらも戦闘態勢に入るナナ。
奇襲が成功し、ルーシーのダウンを奪い、一気に優勢に立ったかに思われたナナ



ですが、攻撃を受けたルーシーは、「その程度か」と、余裕で立ち上がります

危険度は一気に最高潮。
高まる危険度!
一撃で決める隙を突き一気にカタをつけようと突撃するナナ。

…しかし!

響き渡るマユの声。
そして、ナナの目に映る、ルーシーにしがみつくマユ。
ナナの付こうとしたルーシーの隙は、ルーシーがナナをし止めようと、ナナの特攻を誘うための餌だったのです。

間一髪救われた命。
そして、ルーシーに抱きついたマユが叫びます。

「もう止めて」

突然フラッシュするルーシーの記憶。
頭を抱え、ルーシーはそのまま膝をついてしまいました

外の騒音に飛び出してきたコウタとユカ。
戦場にいきなり現れた力なきものの心配をして、一瞬身を硬直させるナナでしたが、いつものパターン通りルーシーはにゅうへと変化していました。




さて、窮地を脱したはいいものの、また行く当てをなくしたナナをマユは自分の友達だと説明し楓荘に置く事を、コウタとユカに提案します。

こうして、ありついた久しぶりの食事
最初は遠慮していたナナですが、やはり人間の三大欲にも上げられる食欲の誘惑には逆らえず、次々とお代わりを繰り返していきます



うぅむ、萌えス(*´Д`*)


そして、この食事を通し、ナナはルーシー(厳密にはにゅうなんですが)に対する誤解を解き、住む場所を手に入れたナナなのでした。

さて、場面は変わり、蔵馬室長の回想が語られ始めます。

思い出す、始まりの記憶…
場面は少し昔の神奈川へと。

静かに蔓延を始める、ベクターウィルス感染者。
それと同じように増加する、ジルペリットの少女による惨殺劇



角沢により、蔵馬はこの奇病の研究に招待されました
そして、自分の入所した研究所にて日々繰り返される実験という名の狂行



ベクターウィルスの研究と、ジルペリットの駆逐(あんまこういう言い方はしたくないんですがまぁ許してちょ)に全てを捧げる、蔵馬の日々。
これ以上は無い、精神を削られる日々ですが、そこに最悪の事件が起こります。

…彼の子供がベクターウィルスに感染していたのです。

悩みに悩んだ末、自らの子を殺める事を決意した蔵馬。
と、そこに我が子を殺そうとする夫を止めに現れた彼の妻。



無理が出来ない体なのにも関わらず、病室を抜け出してきたかれの妻は、悲痛な叫びとともに多量の出血によりその命を果てます。

こうして、彼女の願いをなんとしても果たそうとした蔵馬は、彼の所属する研究所の長、角沢にその忠義を立てることで、彼の娘の命の安全を得る事を決めたのでした…



~終~




あー。

やっぱり鬱だよ室長の過去…_| ̄|○
スポンサーサイト
ランキングへ←面白かったらワンプッシュ
高みへと連れて行ってくださいw

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
※タグチックなものが使用可能。
太字にしたい場合は[太字][/太字]。
斜体にしたい場合は[斜体][/斜体]。
色を変えたい場合はで[色:FF0000][/色](デフォルトで赤にしてます、FF~の部分をお好きな数字に書き換えて色を指定してください。参考:フォントカラー早見表)で変化を与えたい文字を囲ってください。


URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
相坂さよの話に続き、シンミリモードの「魔法先生ネギま!」次週からは、準主役が交代してコメディーになってしまうのか?エヴァンジェリンと木乃香の力でなんとか成らないのか?
2005/06/11(土) 00:47:21 | ゼロから
えーっと、今回は少し感想が長いです。ストーリーの解釈も間違ってるかもしれません・・・。今回はルーシーとナナの再度の対決から始まりました。両者共、決着をつけるつもりで臨んでいましたがマユが決死の覚悟で止めに入ったその瞬間ルーシーはにゅうに戻ってしまいます。
2005/06/11(土) 03:26:43 | ジェリタの気まぐれアニメ日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。