↑をクリックでトップに戻れるのですよ~。アニメ感想とか駄目人生晒しが主体      近況:さっさとメスドロアーに俺のキャッシュをぶち込みたいぜファック!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ランキングへ←面白かったらワンプッシュ
高みへと連れて行ってくださいw

--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
ローゼンメイデン第03話@水銀燈
ローゼンメイデン:
さてさて、(主に俺の中で)大好評でお送りしているローゼンメイデンの第3話ですよ(・∀・)

今週は、廃墟の中で黒い羽を撒き散らしながら微笑む人形の映像で始まりました。
先週の流れでいくと、この人形ともアリスゲームをするのでしょうか。

さぁて、場面は移り桜田家はジュンの部屋。
何やら雛苺が騒いでいます。
どうやら、先週真紅様の家来になったものの、自分の立場を理解していない事が理由で真紅様に真の家来となるためのレクチャーを受けている模様。
真紅様はしつけに厳しいのか、デッドラインを引き、雛苺の生息域を厳密に分化した上、主人のための奉仕方を学ばせます。



ぷるぷると震えながら、届かないドアノブに何とかステッキを引っ掛けようと頑張る雛苺
しかし届かない駄目な家来に、呆れ気味に
「全く…誰の部屋だと思ってるの。」
と漏らす真紅様。
と、いきなりジュンが「僕の部屋だ」と叫びながら切れだしました

全くもって空気の読めない引きこもりです


当然ながら真紅様も気分を害された様子。
ジュンの空けたドアから不満げに出て行きます。
視聴者的には邪魔者なことを分かっていないジュンですが、個人的な理由で判断した、邪魔者のドールズを部屋から追い出し、はぁやれやれと部屋のドアを閉めます

と、そこには出て行ったはずの雛苺。



自分に辛く当たる真紅に見切りをつけたのか、遊んでくれそうな気のするジュンに微笑みかけます。

しかし、毎朝続く雛苺の叫びに好意を抱いていないのか、恐ろしい顔で睨み返します。

全く持って(以下略

突然起こった恐ろしい出来事に泣きながら、部屋を出て行く雛苺。
取り敢えず、下界に食事を兼ねて非難です。

下界ではドールズにあわせて、ノリ姉の手料理が振舞われますが、食べ始める真紅様を横目に、何やら不満げな瞳で食事を見つめる雛苺。
ノリ姉が理由を聞いてみると、自分は「うにゅー」が食べたいのだという。

雛苺の説明が分かりにくいのか、ノリ姉の理解力が著しく低いのか、一向に答えの見つからない「うにゅー」の正体
そうこうしているうちに、ノリ姉は登校時間が訪れ学校に言ってしまいます。

自分に対しての理解を得られない雛苺は寂しさを感じながら、再びジュンの部屋へ。
そして投げかける質問
「ジュンは学校に行かないの?」

蘇るジュンの記憶。

思い出したくない思い出に触れているジュンを横目に、話を続ける雛苺。
自分と、ジュンは同じだ、狭い部屋にいつも閉じ込められている…

そんな雛苺の話が終わらないうちに、怒り出すジュン。
うるさい、と雛苺にあたり、部屋を出て行きます

m(もうそろそろアレなので



と、場面が一瞬変わり、ノリ姉の学校。
ずっと「うにゅー」の答えを探していた様子。
と、いきなり授業中に、答えを思いつき赤くて黒くて甘いうにゅーの答え候補を叫びます


明太イカスミパスタ!あ…

つかの間の萌えをゴチって、再び場面は桜田家へ。
何やらテレビをご鑑賞中の真紅様、そしてお絵かき中の雛苺。
そこへやってきて牛乳を口に含み、真紅の鑑賞中のテレビを見、雛苺を一別、と、瞬間牛乳を噴き出しました。
そう、あろう事。雛苺がお絵かきしていたのは、ダイニングの床や壁面。
それも取れ難いクレヨンでしっかりと書き上げられていました。
またもきれ出し、真紅に当たりだすジュン。

全く!

ケツの穴のまで小せぇ人間
ですぅ


せっかくの鑑賞中の番組を邪魔された真紅様。
さすがにやかましすぎたのか、無表情にジュンの足の上に飲んでいた紅茶を垂らします


ちょっと垂らして欲しいぞぉマスター(御主人様)

突然の熱湯にのた打ち回るジュン。
ごろごろと転がっていると、ふとあるものが眼に入ります。
そう、それは、今朝雛苺がうにゅーに付いての情報をノリに与えるべく、書いた絵。
姉よりは少しは理解力があったのか、ジュンはその答えを直感的に導き出します。

分かってもらえたようであることに嬉しげに走りよってくる雛苺ですが、ジュンは雛苺にたいし、あまりいい感情を持っていないようで、直ぐに悪態をつき始めます。

と、この家において誰の理解も得られない事実になき始める雛苺。
真紅様の言葉を借りつつ、本当に自分が一人ぼっちである事を告げるジュン。
流石に雛苺の今置かれている状況がかわいそうに思ったのか、「うにゅー」を買いに外に出ることを決意します

そんななか、不穏な空気が流れ始める桜田家の倉庫。
前回真紅が使用した鏡の中からは黒い羽が流れ出てきます。
そして、ここで前半終了

さて、カメラは切り替わり、ドールズ二体がジュンを探しているシーンから後半が始まります。
めぼしいところは全て探し終えたものの見つからないジュン。
これ以上の探索は不可能と考えた真紅様は家来に、桜田家のことを教えてやろうと、桜田家案内をする事を決めます。

まずは、トイレ。
前回自分が身を持って学んだだけに、予習はばっちりです。
軽くジャブを入れるべく、雛苺に質問をする真紅様ですが
「知ってる~!トイレ~!!」
と普通に返されてしまいました。
しかも、挙句
「もしかして知らなかったの?真紅ぅ??」
と、図星まで突かれてしまいました

完全に立場を失った真紅様は、うるさいわね。と、揃いも揃って空気の読めない家来を突付きます



あぁ、可愛えぇ(*´Д`*)


と、突然開かなくなるトイレの扉。
そして、外に散乱する黒い羽。
異変が起こり始めました。

ここで、場面は切り替わりチビ人間。
びくびくしてやがったよ。と(超適当

さらに場面は戻り、桜田家。
雛苺を踏み台にして何とか外に出た真紅様。
家の中に入り雛苺を救出し、もはやそれ以外考えられない、自分達に仇成すものの名を呼びます。

突然羽が燃え、表れる黒衣のドール。
その名も水銀燈。



攻撃を開始し、臨戦態勢に入る真紅様。
激戦は必死…!?
と、思いきやこの水銀燈、普通に帰っていってしまいました
どうやら、目覚めの確認をする事だけが今回の目的だったようで。

さて、場面は変わり、引きこもりの初めてのおつかいも佳境に。
クラスメイトでありクラス委員な巴にうにゅーを売る店で出会い、暫しの会話を済ませ、雛苺を任せられました



こうして終了した、長い一日。
何だかんだで、雛苺もこの家やジュンを好きになり始めたのでした




~第3回、終~
スポンサーサイト
ランキングへ←面白かったらワンプッシュ
高みへと連れて行ってくださいw

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
※タグチックなものが使用可能。
太字にしたい場合は[太字][/太字]。
斜体にしたい場合は[斜体][/斜体]。
色を変えたい場合はで[色:FF0000][/色](デフォルトで赤にしてます、FF~の部分をお好きな数字に書き換えて色を指定してください。参考:フォントカラー早見表)で変化を与えたい文字を囲ってください。


URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
前回の戦いで雛苺を家来にした真紅は雛苺のしつけに苦労していた。のりは家族が増えたことに大喜びで朝御飯に目玉焼きを用意して待っていた。ところが、雛苺は白くて甘くてうにゅーとしてて黒くて赤いのが食べたいと言ってのりの朝御飯を食べようとしなかった。のりは雛苺の
2005/06/07(火) 07:43:54 | ジェリタの気まぐれアニメ日記
1期ローゼンメイデンのムック本「ローゼンメイデン エーデルローゼ」の発売中ですぅ!人間には勿体無いけど、第二期「トロイメント」の予習をしておいてくれないと困るので教えてやるですぅ。描き下ろし&版権イラスト、登場キャラクター解説、全話ストーリー紹介、世界観&
2005/06/07(火) 09:38:13 | Anime in my life 1号店
水銀燈は顔出し程度ですかね。今のところ、真紅とはかなり力の差があるようで。雛苺の言っているもの、私も考えましたがいちご大福は思いつきませんでした。名前が雛苺である時点で気付くべきでしたか。真紅の仕草や行動がにかわいいです。ちょっと間抜けすぎ
2005/06/07(火) 21:26:07 | パズライズ日記
品質評価 5 / 萌え評価 35 / 燃え評価 8 / ギャグ評価 8 / シリアス評価 14 / お色気評価 5 / 総合評価 13レビュー数 34 件 戦いに勝利した真紅は、雛苺を破壊せず自分の配下に置くことを決めるのだった。 雛苺を加え以前にも増して騒々しくなる桜田家。 そんな中でも...
2007/10/23(火) 19:35:59 | ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。