↑をクリックでトップに戻れるのですよ~。アニメ感想とか駄目人生晒しが主体      近況:さっさとメスドロアーに俺のキャッシュをぶち込みたいぜファック!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ランキングへ←面白かったらワンプッシュ
高みへと連れて行ってくださいw

--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
ガラカメ第08話@風の中を行く
ガラスの仮面:

Σ('A`)

「もう十人もやめていったわ」

って、手前の子、作画微妙すぎてとても女にみえねぇよ


もう十人もやめていったわ

さてさて、月影特選隊の作画からも微妙な空気を感じ取れる今回は、前回の引継ぎで、若草物語のバッシングと、月影千草のゴシップが世間にあふれ出すシーンから始まります



いわれのない酷評に怒り狂う月影先生ですが…
わずらっていた胸の病のせいで、倒れてしまいます


ウッ

指導者と、世間の信用を一度に失ってしまった劇団つきかげは、次々に劇団員を失って行きます。
そして、さらに起こる不測の事態



劇団に三億円もの投資をしている、青柳プロが、若草物語の評価に対してのクレームを出してきたのです。
これ以上のリスクをどうしても避けたい青柳プロは、劇団つきかげに対し出資に対する条件を出します。
その内容とは、近々行われる演劇コンクールにおいて、全国大会進出を果たし、さらに三位以内に入賞しろ。というもの

劇団つきかげは、十分とはいえない戦力と、周囲の低い評価の目のもと、最後のチャンスに挑む事となります…

そして、キャスト発表の日



意外と団員多いな




特選隊が二人で話しているシーンが脳裏に残っているだけに、この多さは若干の違和感。
まぁいいや。

主役に選ばれたのは、北島マヤ。
前回の熱演(とは正直思い切れないんですが)への期待からのCクラス(つきかげではA~Cまで演技力等でクラス分けされているらしい)からの大抜擢です

みんなの期待と、月影先生の怪しい微笑みをその身に受けて…
大会に向けて出発です


スポンサーサイト
ランキングへ←面白かったらワンプッシュ
高みへと連れて行ってくださいw

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
※タグチックなものが使用可能。
太字にしたい場合は[太字][/太字]。
斜体にしたい場合は[斜体][/斜体]。
色を変えたい場合はで[色:FF0000][/色](デフォルトで赤にしてます、FF~の部分をお好きな数字に書き換えて色を指定してください。参考:フォントカラー早見表)で変化を与えたい文字を囲ってください。


URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
先週楽しみにしていた『若草物語』がえらくあっさり終わってしまい拍子抜け。月影先生の高笑いも無く。。。。。何を楽しみに見ていけば良いのか。でも、まだまだ続くガラスの仮面!また盛り上がってきてくれる筈。期待を込めて見るべし。普段は普通に中学校に通うマヤ。紫の
2005/05/26(木) 16:49:06 | ちひろのスキきらい
風邪がまだ治りません……。攻殻機動隊SAC2ndGIGを見る。バトーが少女を射殺する話。(←違う)最後の少女の扱いに関しては、トグサの人柄の良さ(甘さ)とバトーの場慣れした対応(ある種の非情さ)が際立った好エピソードだと思います。実際足手まといになるこ
2005/05/29(日) 16:37:26 | アニヲタ、ゲーヲタの徒然草(仮)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。