↑をクリックでトップに戻れるのですよ~。アニメ感想とか駄目人生晒しが主体      近況:さっさとメスドロアーに俺のキャッシュをぶち込みたいぜファック!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ランキングへ←面白かったらワンプッシュ
高みへと連れて行ってくださいw

--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
ガラカメ第4話@炎の階段
ガラスの仮面:
オープニング変わった('∀'*)
何かもうその中のワンシーンの、夜の街に先生の笑い声がこだまする…的なカットが面白すぎます(´∀`*)


ふははははは ははははははははは

まだ3話を放送しただけなのに、オープニング絵を変えてくるなんて、スタッフの気合の入りようが伺えますね(・∀・)
んで、今回の作画はというと…

もっそい微妙(;´Д`)


アップの絵はまだ何とか崩壊レベルに達してませんが、引き絵のヤヴァさは凄まじいものがありました(;´Д`)ホンペンモガンバレヨ

ま、まぁ話しのほうは崩壊してないのでおっけーおっけー(;・∀・)ナノカナ

以下、今回のお話に付いてつらつらと。

前回、入団試験を受けようにも、お金がなく、一度は芝居の道を諦めたマヤは唯一のお芝居のことを相談できる人間、月影先生を訪ねます。
そして、月影先生はマヤの決意と引き換えに、自らの演劇研究所へマヤを入れることを約束します


女優になります

しかしながら、マヤの才能を未だ知らないマヤの母は劇団に入団する事を猛烈に反対、止む無くマヤは家をでる事を決意します

かくして踏み出した女優への道の一歩
レッスンも始まろうかとしたその時、突如現れたマヤの母
愛する娘に道を間違えて欲しくない母は、マヤを必死で家に連れ戻そうとします、が、月影先生の熱意溢れる言葉に、その場を離れていきます

こうして、先生は未成年略取、誘拐という重い犯罪を犯したのでした…(えー

まぁ、マヤの身柄云々は置いとくとしても、理解を示したカーチャンが送ってきた着替えを燃やすのはどうかと(´∀`;)


ゲンゾウ、小包を燃やしておしまい!!

恐ろしい先生!(前回に引き続き


何故だー:
毎回TBをさてもらってる「ちひろのスキきらい」さんでのTBしてきたブログ一覧でのうちの記事の文字化け率が100%なんですが_| ̄|○
Do blogと相性悪いのか?fc2よ・゚・(ノД`)・゚・
スポンサーサイト
ランキングへ←面白かったらワンプッシュ
高みへと連れて行ってくださいw

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
※タグチックなものが使用可能。
太字にしたい場合は[太字][/太字]。
斜体にしたい場合は[斜体][/斜体]。
色を変えたい場合はで[色:FF0000][/色](デフォルトで赤にしてます、FF~の部分をお好きな数字に書き換えて色を指定してください。参考:フォントカラー早見表)で変化を与えたい文字を囲ってください。


URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
女優に程遠かったマヤだけど少しずつ近づきつつあります。それでは始めましょう!!姫川亜弓…映画監督の父、貢。大女優の母、歌子。 親の七光りだけで賞賛を浴びている訳ではない。 恐るべき才能と、中等部トップの学力、正にスターとして生まれた亜弓。その亜弓が後5年
2005/04/28(木) 16:13:19 | ちひろのスキきらい
ガラかめ第4話、オープニングのアニメーションが変わった!話のなかでは縦ロールじゃなくなってしまっていた亜弓さんが縦ロールになっていた。やっぱ亜弓さんはこうでなくっちゃ。3話で作画がひどい!と思ったけど、今回はまあ良かったかな。でも、演出はやっぱり控えめ。
2005/04/29(金) 00:27:04 | 本日のおすすめメニュー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。