↑をクリックでトップに戻れるのですよ~。アニメ感想とか駄目人生晒しが主体      近況:さっさとメスドロアーに俺のキャッシュをぶち込みたいぜファック!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ランキングへ←面白かったらワンプッシュ
高みへと連れて行ってくださいw

--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
最終話 -air- そら@エアー
AIR:
辿り着いたのは─

求め続けた、焦がれ続けた

優しい場所



呪縛の中、夢見しは

幸せの記憶

優しい母の面影─



一つの夢は終わりを迎え

解かれた呪いは

空へと還る




とっくにご存知なんだろ?

ゴールと青空の激しいコンボに打ちのめされた─
ボロ泣きキモヲタDさんだ!>挨拶

いやいやはいはい
と言うわけで、凄いものを見せていただきました。
って言うかはっきりいって油断してました。
えぇ。
ゴール>青空で気を抜いたのが俺の詰めの甘さ。
晴子さんの望む夢が俺の心をノックダウン・゚・(ノД`)・゚・


神尾の家でずっと一緒に暮らそ…?

原作でも、追い討ち気味にこれでもかと涙を絞り出させられたシーンだけにこういう演出が加わると、流れる涙も留まるところを知りません・゚・(ノД`)・゚・

アニメならではな演出が冴えに冴えまくった今回。
上のシーンもですがゴールの前の記憶がフラッシュする演出や、恐竜にお供え物がしてあって神秘性を一層持ったところ、二人の子供が歩き出しタイトルへと変化するところなど
本気で震えるような演出もてんこ盛りでした・゚・(ノД`)・゚・



本当に感動をありがとうと京アニに言いたい気分です!



ログっぽいのどぞ(´・ω・`)ノ
スポンサーサイト
ランキングへ←面白かったらワンプッシュ
高みへと連れて行ってくださいw

コメント
この記事へのコメント
本当に感動的で
AIRは今まで見てきた中で恐らく特Sを与えたいほどのアニメですね。 ところで、劇場版は御覧になられましたか?DVDでも置いてますよ。けど見てないのでしたら、それで結構だと思います。少女マンガっぽい絵のタッチで凄いと思いますよ。
2006/01/16(月) 12:26:53 | URL | Tレックス #kyBjvhlc[ 編集]
時間がなくって、もってはいるのですが見てないんですよ;;

http://whenever.blog2.fc2.com/index.php?search=%A3%D3%A3%F5%A3%ED%A3%ED%A3%E5%A3%F2%A1%A7

AIRで見たのといえば、本編の放送と上の奴くらいです。トホホー;
2006/01/17(火) 15:02:18 | URL | D #-[ 編集]
コメントを投稿する
※タグチックなものが使用可能。
太字にしたい場合は[太字][/太字]。
斜体にしたい場合は[斜体][/斜体]。
色を変えたい場合はで[色:FF0000][/色](デフォルトで赤にしてます、FF~の部分をお好きな数字に書き換えて色を指定してください。参考:フォントカラー早見表)で変化を与えたい文字を囲ってください。


URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
★★★★★感想が遅くなってしまいました。正直言って、感想書くのが非常に辛かったからです・・・。アバンタイトル 「翼・・・翼が痛い」人間である観鈴ちんに翼の痛みなど存在するはずがありません。その様子を見て、晴子さんは往人の言葉を思い出します。 『最後の夢
2005/03/25(金) 18:45:45 | えふにっき
終わっちゃいましたねえ…。最後はなんか釈然としない部分があったものの、他の感想やってるブログさんの記事を見ることでなんとか補完することが出来ました。ゲームやったのが数年前だと結構記憶薄れてるなあと実感しているところです。 事前に心構えが出来ていたのが功を.
2005/03/25(金) 23:37:20 | 汐録 -shiolog-
平成拾七年参月弐拾五日未明...。日本國北海道某市...。ブラボー!。・゚・(´Д`)・゚・。ッブルラぁボォォー!!!。・゚・(つД⊂)・゚・。ブ<うっせえ!<何時だと思ってんぬぁ!(´・ω・`)...
2005/03/25(金) 23:56:27 | Old Dancer's BLOG
AIR TV版、最終話終わりました。来週は総集編らしいです。まぁ繋ぎのような気がしますけどwレビューをしたいと思います~。まぁなんていいますか、ゲームになるべく近いストーリー展開。メインヒロインのみのストーリーだけじゃなく、サブのストーリーも用意されていて、な
2005/03/26(土) 00:02:52 | highplace
・アニメ 『AIR』 最終話「そ ら~air~」 感想 ネタバレ注意・・・ 「泣いたらあかんよー」 「ゴール・・・」 AIRの主人公は晴子さんだったんじゃないかと私は思います。 晴子さんは今も、昔も、変わらずに観鈴を愛しました。 そっけないフリをしていても観鈴が
2005/03/26(土) 00:31:20 | 毎日がEveryday +Resolutions+
 「そして伝説へ…」  いわずと知れた『ドラゴンクエストIII』(1988 ENIX)のサブタイトルであり、UNDER17のラストアルバムタイトルでもあります。
2005/03/26(土) 03:14:30 | 『遍在 -omnipresence-』
たくさんの思い出がある  他には何もいらないくらい 文句無し。まあ、晴子の“そら”に願いを託すシーンの演出は少し気になりはしたが、明度をあげるためという意味で肯定的な立場を取ってます。確かに、泣きと言う点では先週の11話の方が破壊力はありますし、
2005/03/26(土) 05:26:28 | synthesis of life
● AIR 第12話「そら -air-」。最終話です。 ● 何人かで見たのですが、青空が流れたときに、空から雨かひょうが降ってきました。 ● オカルトじみてますが、神奈(かんな)さまも、空で泣いているのだと思ったバウ。偶然でも、いぬは、こういうの信じちゃいます。 ● 関連
2005/03/30(水) 17:04:12 | いぬ日記
AIR 最終話の12話。ひと夏の終わり。千年目の夏。最後の夏。予想通り終わった後はゲーム版未経験な人たちが頭に「?」を浮かべながらネット上をさまよったみたいですね。基本的には往人たちの力によって観鈴の器が広がり、翼人の魂を最後までその体に受けることが出来たと思
2005/04/07(木) 00:39:49 | 店長情報局
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。