↑をクリックでトップに戻れるのですよ~。アニメ感想とか駄目人生晒しが主体      近況:さっさとメスドロアーに俺のキャッシュをぶち込みたいぜファック!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ランキングへ←面白かったらワンプッシュ
高みへと連れて行ってくださいw

--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
エアーッ!(訳:何でAIRのスレッド消えとんねん!
AIR:
忘却の中

少女は見つけた

大事なものを─



求めた

大切な場所を─



ええと…
ありえない破壊力なんですが(;´Д`)

自販機のところとか、ごはんのところ、そして髪を切るところでも確かにぽろぽろと泣いてはいたのですが、やはり銀色が流れ出した辺りからは我が涙腺が決壊を起こしました・゚・(ノД`)・゚・

もうね、何なのこの神演出は・゚・(ノД`)・゚・
僕もう来週は枯れ果てて死ぬかもしんない_| ̄|○

因みにですが、自販機のシーンは前回の旅立ちの後にOPの



コレを絡めると脳内補完がし易かろう思いますヨ(*・ω・)ノ

以下どうでもいい語り
今回ふとエンドロールを見ていて思ったんですが、AIR編の主人公って神尾観鈴なんですね。

─これって意外と大事ですよね?

と言うのも、当作品のオリジナルであるところのAIRはAIR編に入る事によって、主人公は観鈴からみすずへと呼称が変化するのです。
そして、その事と、そのほか色々な物事により結構な数の人がDREAM編の観鈴は「可能性の一つ」としての存在であり、AIR編に登場するみすずとは切り離しできる存在であると言う考えを持っているのです

で、ここに来てのエンドロール。
ここには神尾観鈴とありました。

と言う事はみすずとは主観的な存在であり、作品に登場している少女は一貫して神尾観鈴であるという事なんじゃなかろうかと思ったわけなのです

…多分さっぱり伝わってなかろうかと思います
文章力がないって悲しいな_| ̄|○
スポンサーサイト
ランキングへ←面白かったらワンプッシュ
高みへと連れて行ってくださいw

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
※タグチックなものが使用可能。
太字にしたい場合は[太字][/太字]。
斜体にしたい場合は[斜体][/斜体]。
色を変えたい場合はで[色:FF0000][/色](デフォルトで赤にしてます、FF~の部分をお好きな数字に書き換えて色を指定してください。参考:フォントカラー早見表)で変化を与えたい文字を囲ってください。


URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
(食前酒)「何だコレは!」(前菜)「この店は客にこんなものを出すのか!」(スープ)「もう我慢ならん!シェフを呼べ!」(メインディッシュ)「あなたこそ究極、至高の料理人です!」。・゚・(ノД`)・゚・。 ウマイヨー...
2005/03/18(金) 18:25:52 | Old Dancer's BLOG
 自分はこれまで、数え切れないほどたくさんの、感動できる作品を観てきました。  ですがその感動の多くは、どうやら感動'的な'シーンによってもたらされていたようで
2005/03/18(金) 21:21:51 | 『遍在 -omnipresence-』
大丈夫・・・一人でもがんばれるよ・・・見ているのが痛いほどの晴子の叫び。観鈴の心。そして千年の約束の時を越え海へ・・・。「観鈴、海や、海やで。綺麗やな・・・。遠かったわ、二人でココまでくるんにいったい何年かかったんやろ」そらとなった往人はこのまま見守るだ
2005/03/18(金) 23:36:10 | 店長情報局
 ネタバレ注意・・・・アニメ 『AIR』 第十一話「う み~sea~」 感想 「観鈴・・・海や、海やでー・・・綺麗やなあ」 「遠かったわ・・・二人でここまで来るんに、いったい何年かかったんやろ・・・」 「そうや、ウチがあんたのお母さんや・・・」 泣きました。
2005/03/19(土) 01:02:00 | 毎日がEveryday +Resolutions+
今回も見ていて疲れる展開でした(褒め言葉)。 観鈴が元気になり前向きになっているところに晴子が戻ってきます。そして晴子の真意を知りますが突き放します、まあこれまでの経緯からすると妥当な判断とも言えますが。しかし優しさに触れるうちに心を開くものの、翌朝には心を
2005/03/19(土) 05:18:32 | 汐録 -shiolog-
● AIR 第11話「うみ -sea-」。第1話のころは、こんな話になるなんて、想像つかなかったよー!なんか、すごくないですかー? ● この素晴らしさは、今後何世紀も語り継がれるであろう。「アニメといえば鉄腕アトム」ではなく、「アニメといえばAIR」。これがスタート地点だ
2005/03/21(月) 17:24:38 | いぬ日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。