FC2ブログ
↑をクリックでトップに戻れるのですよ~。アニメ感想とか駄目人生晒しが主体      近況:さっさとメスドロアーに俺のキャッシュをぶち込みたいぜファック!!
KANON@第01話、白銀の序曲~OVERTURE~
KANON:
やべっ、ちょっと尿漏れた
                ─Dさん視聴中の一コマ

まぁ、尿は置いておいて感想を書くことにしますよ。

                    雪─

                雪が降っていた─

                 全ての記憶を─
 
                 覆い隠すように─




…待ち合わせの場所で人を待つ少年。
あだ名はアゴ。
しゃくれてはいないが、とにかくアゴ。

寒さに震える彼の前に、ようやく待ち人は現れた…
二時間遅れで──


雪、つもってるよ

ぐあっ(*´Д`*)

懐かしさで尿漏れた

限界を突破した膀胱ですが、本編はまだ始まったばかり。
ちょこっとスピードを上げていきましょう。

こうして再開を果たした二人。
場面は水瀬家へと。

目覚めてなお、自分がどこにいるのか分かっていない祐一。
外の景色をながめ、ようやく眠る前のことを思い出し、部屋から外へ出ると、そこにはつい先ほど再開を果たした幼馴染。



異常にマイペースな幼馴染のペースにあわせ二人は朝の挨拶を交わし、100Mを7秒で走らなければ間に合わないというのに妙に緊迫感のない空気の中、名雪は学校へと家を後にしました。




因みに、このペース、水瀬さん家を聞く感じでは名雪はおろか祐一も達成している様子。
人間、成せばなるものですね!いろんな意味で。

一方、まだ授業が始まっていないため、学校に行く必要のない祐一は家で雪かきのお手伝い。
秋子さんには絶対服従・三杯目はそっと出す。
これ、水瀬家に生きる居候の絶対条件です。

そして重労働も一段落したところに名雪も部活から帰宅。
二人は街へと向かいます。

そしてさまざまな場所を巡り、日も暮れてきたところで、名雪のクラスメイトの香里と北川君と遭遇。
第一話目からパシリと親分、主人と下僕という構図が実に分かりやすくていいですねw



そして街案内も一通り終わり、買い物へと向かう二人。
みせで迷いそうだという祐一は店の外で名雪を待つことにしますが、そんな彼のところに走ってくる小さな影。

そしてそれは─



うぐぅっと祐一に激突。
今ひとつ飲み込めない状況ですが、何かに追われているのか、おびえた様子の少女は、祐一の手を引き隠れるように喫茶店の中へと




・追われている理由ともの
何者かに追われている少女なのですが、その追われているものとはタイヤキやの親父。
では、何故少女はタイヤキ屋から逃げるようにこちらに向かってきたのか。

そこに少女逃亡の鍵は隠れていました

~(うぐぅショート劇場)~

タイヤキ屋でタイヤキを注文した少女。
すると横から猫が登場…



商売道具を取られないように、おじさんはこらっと猫を追っ払ったのですが、それにびっくりしたうぐぅ少女も一緒に逃げてしまいましたとさ



~(うぐぅショート劇場終了)~

つまりおじさんは、お金を払ってもらうために少女を追っていただけなのです

が…

少女の様子からも分かるとおり、少女は無一文。
て、お前それ食い逃げやないか

と、突っ込みたいところですが、少女には逃げざるを得ないある重大な理由があったのです

そう…
おなかが減っていたのです。



やっぱり食い逃げでした

そんなこんなで親父に代金を支払い、うぐぅ少女にお金を支払わせた祐一。
しかし、彼が店に戻ると…



名雪がめっちゃ拗ねてました。

こうして変な出会いやら何やらで急速に過ぎてしまった彼の一日。
KANONがその幕を開けました。

スポンサーサイト



ランキングへ←面白かったらワンプッシュ
高みへと連れて行ってくださいw

夜明け前より瑠璃色な-Crescent Love-@第01話、お姫様がホームステイ!?
けよりな:
天然ですか(*'ω'*)



異星人のヒロインがストーリーの中核、と言うとディアーズとかを思い出しちゃうわけなのですが、そういう(侵略系)の話もあったりするのかなぁ。

まぁ、取りあえず俺はヒロインが天然で可愛いので十分それだけで見る価値を見出せる訳なのですが。
ストーリーラインは語るほどのものでもなかったような感じ。
月からお姫様が来ましたよ~的な。
ランキングへ←面白かったらワンプッシュ
高みへと連れて行ってくださいw