↑をクリックでトップに戻れるのですよ~。アニメ感想とか駄目人生晒しが主体      近況:さっさとメスドロアーに俺のキャッシュをぶち込みたいぜファック!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ランキングへ←面白かったらワンプッシュ
高みへと連れて行ってくださいw

--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
いぬかみっ!@第26話、ヒカリっ!
いぬかみっ!:
非常にあやしい作画でスタートする最終話。
アレ?マジで今回最終話ですよね??



さて、絶望満ちる地上戦ですが、そんな彼らにも、唯一の希望が…
そう、川平啓太、その人です

しかし、そんな彼は地下にて流され中

─答え3:
猛烈な水の勢いにもまれ、次第に意識を失って行く啓太。
そんな彼が流されたどり着いた先に待っていたのは…



頭に輪っかならぬ、お皿を乗っけた人。


というか、KAPPA

さすがカッパです。
最後の最後まで、特に啓太を助けることはしませんでした。
流されている啓太を助けたわけではなく、流れ着いたところを起こしただけ。
あくまでも役に徹します

そして、啓太はカッパと一緒にやってきた、ネコ・タヌキ、及び後続の変態の編隊の加勢により一気にようこ達のところへと。
狩名さんの提案で、敵の大殺界を利用し、形成逆転を狙います

希望の消失:
けどまぁ、そんなおいしい逆転を敵も許すはずはなく、希望感が高まってきたときを狙って大殺界の破壊を遂行。




狩名さんの手から放たれた啓太の到着か、それとも敵の一撃か。
静寂があたりを包み、その後に待っていた光景は…

何もない窪地:



絶望があたりを包みます

が…

基本的にご都合主義なので:
しゅくちの間に合っていた啓太は地下に転送した大殺界の力により復活。



かくして、最終戦へと。

まぁ色々ありまして:


発露×ALL──煉獄!!



最強技の連打敵はであえなく消滅。
勝利っ!なのでした



こうして、正直手抜きなエンディングが流れる中、いぬかみっ!は終了するのでした。




スポンサーサイト
ランキングへ←面白かったらワンプッシュ
高みへと連れて行ってくださいw

スクラン二学期@第26話、・
スクラン二学期:
あえて突っ込んでおきましょう。

また、会いましょう



ってユーレーちゃん言ってたのに、その後一切出てこねぇ!!

え?
三学期??

あ、なるほど(・∀・)

ランキングへ←面白かったらワンプッシュ
高みへと連れて行ってくださいw

ウィッチブレイド WitchBlade@第24話、光
ウィッチブレイド:
うーん
おおむね満足ってとこかな

オープニング:
第一期バージョン



GJ!!

特別バージョンならなお良かったですが、最終話に二期版流されることを思うと、三億倍素晴らしい判断です。GJ!!

大体のあらすじ:
大量の暴走エクスコンが街に出現し、混沌とする東京。
臨界点突破状態のまさむねさんに、ウィッチブレイドは際限なく力を開放。



まりあ達もその強力な力に引かれ、まさむねさんのもとへと。

でも:
力を求めるまりあですが、その部下のあさぎさんが、力を手に入れてどうするの?と鋭い突っ込み。
いつぞやから、まりあは目的と手段を履き違えてるんだよな、やっぱりw



地味にあさぎさんラブい、というか、この三人は結構好きです。

三人VSまさむねさん:
序盤は数の有利で、まさむねさんは三人に圧倒されますが、まさむねさんの高速攻撃でまりあが傷を負ったことにより、そのお付きの子が暴走。



まず最初に狩られてしまいます。

求める力:
涙を流すという、今までにない動揺が見られたまりあに対し、力を手に入れてどうするのかとたずねるまさむねさん。
しかし、まりあはしばし閉口。

そう、彼女には、「求める力」はあっても「求めるもの」はもう失っているのです。
そしてそれを見透かしたかのように笑うあさぎさん

わがままっ子はそんな彼女を串刺しにしてしまうのでした。




ラストバトル:
東京タワーに場所を移し、激突するクローンブレイドとウィッチブレイド



しかし、まさむねさんの力はもはや残りわずか。
つばぜり合いをしつつ、最後の一押しに入ろうとした、その時

それさえあれば私は──

私は、何?



突然敵の顔が母の顔に変わり…
刃が体を貫きます



朽ち果てる間際、穏やかな顔に戻るまりあ。
そして、彼女は母の幻に抱かれながら果てるのでした。



こうして、全てのクローンブレイドを倒したまさむねさんですが、眼下には未だ数百の暴走したエクスコン。

それらに対処するためにまさむねさんが取った行動は…

あふれ出すウィッチブレイドの力をオーバーロードさせての、自爆。
まばゆい光が、東京タワーを包みます



こうして、まさむねさんは全てを終わらせるのでした

光:
舞い降りる無数の光。
そのひとつを手で掬うリコ。

光の中から現れたのは…



                        いつでも、リコの傍に──
ランキングへ←面白かったらワンプッシュ
高みへと連れて行ってくださいw

いぬかみっ!@第25話、絶望の宴っ!
いぬかみっ!:
          その頬は涙に濡れて──

            その身は、塵に 



            願いは、血に

          未来は闇に染まる──




            怒りを、力に

          願いを現実に
っCHALA



ドラゴンボールが始まりましHEAD-CHALA
仲間の死にブチ切れて、若本(=セル)を殴り始めるなでしこ(=悟飯)。
ブッちぎりで強いなでしこでしたが、最後の一押しが決まらず、若本に力を奪われることに。

許せねぇ…若本…
許せねぇ…仲間の死を、なでしこの思いを踏みにじりやがって…






ゆるせねぇ…

若本…




ゆるせ…

ゆるせ…

………

!!?




!!?

普通に皆生きてました

絶望って、何ですか

一方:
ようこ達のところへと向かっていた啓太。
しかし、あやまって谷底へと落下してしまい…



谷底は急流。

一体、どうなってしまうのか!?

答え①ハンサムなカッパが突如現れ助けてくれる
答え②仲間がきて助けてくれる
答え③こない(主にカッパ)。現実は非情である。

ランキングへ←面白かったらワンプッシュ
高みへと連れて行ってくださいw

スクラン二学期@第25話
スクールランブル二学期:
ヤークモ、舞台を降板



お嬢は舞台に上がることも出来ず。
大事な人である播磨のために、未だ播磨が自分のことを好きだということを全く知らない姉天満に播磨を渡した訳なのですが、やはり納得はいってないらしく、彼女の前にユーレーちゃんが登場

幻の月♪

さて、何かが「始まり」そうな最終回。
結果や如何に。
ランキングへ←面白かったらワンプッシュ
高みへと連れて行ってくださいw

ウィッチブレイド WitchBlade@第23話、乱
ウィッチブレイド:
鬱だなー


↑:味覚を破壊されながらも、団欒を味わおうとするまさむねさん

物事の収束が、まさむねさん(及びウィッチブレイドかな)の「死」に向かってるため、あんまり救いを期待できそうにないなぁ。
最後の敵(暴走寸前のエクスコン+まりあとクローンブレイド)を倒しました→めでたしめでたしじゃないわけですしねぇ。

ワドーさんは予想通りお役御免



個人的には「もう…何もない。地位も名誉も部下も…何も…!!」とかいってエクスコンを暴走させたりしてくれると、場が荒れて大変面白くなりそうなのですが、普通にワドーさん何ももってなさげなんだよなw
保身がすぎて詰まらん奴でしたね。

次回で最終回なのかな…



なぉみ坊の言うとおり、まさむねさんに大吉なエンディングが待ってることを祈ります。
ランキングへ←面白かったらワンプッシュ
高みへと連れて行ってくださいw

いぬかみっ!@第24話、薫となでしこっ!
いぬかみっ!:
ほっちゃんの授乳シーンだけ、三回くらい見て満足しました。



あとのあらすじは、流し見程度だったので、あやふやですが、要点だけ。

・絶望

薫が生かされている理由、それは魔導師の力になるため。
絶望を味わうことこそが薫の生きる理由。生かされている理由。



その肉体も魔導師の呪いにより蝕まれているのだとか。
そして、そのことは決して人に語ってはならず、それを語った薫の肉体は、もう今の偽りの体から戻ることはなく、それの消滅は間近。

・本領

全てを打ち明けた薫。
軽蔑されて当然と彼は考えてきたのですが、いぬかみたちの忠誠はには全く変化なし。



もはや彼を縛るものはなくなり、散々自分を利用してきた魔導師に対し、薫は反旗を翻し巧みないぬかみ運びで赤道斎を翻弄しますが、そこは最強の魔道師、大妖狐の力を得たことでフルパワーになった大殺界を起動、いぬかみたちを圧倒しにかかります

が、それを見て、薫はなでしこに逆にそれを利用して大妖狐の力を無力化するように指示を飛ばします。

・願い

大殺界の前に立ち、自らの願いに集中するなでしこ。


              しかし
           

             願いは──



              絶望に







              変わる





ランキングへ←面白かったらワンプッシュ
高みへと連れて行ってくださいw

スクールランブル二学期@第24話
スクールランブル二学期:
オー、エリチャーン
ヒレフーセ





ヽ(*´Д`*)ノタカビーシャ、タカビーシャ

お嬢、王女に転職…

正直、俺も王女にひれふしTAI!!(*´Д`*)ホッ・チャーン

ランキングへ←面白かったらワンプッシュ
高みへと連れて行ってくださいw

ウィッチブレイド WitchBlade@第22話、告
ウィッチブレイド:
ずいぶん前から限界突破していたまさむねさんですが、今回ついにリコに自分が死ぬかもしれないことを告げることに…



時間がたてばたつほどに、強く、激しい力を、体を蝕む代償に与えるウィッチブレイド。
最後あたりはもうまさむねさん、廃人寸前の顔してました;;



しかも、その力が強まると、なんかクローンブレイドも干渉を受けるらしく、今回新しくマリアの部下についた子とマリアも強烈な反応を示してました。
ぶっちゃけ、まさむねさんが彼女達と相打ちを打てる確率は低そうなんですが、その場合どうやって後始末するんだろう…

リコが装着>タカヤマが制御かとか?w
ランキングへ←面白かったらワンプッシュ
高みへと連れて行ってくださいw

いぬかみっ!@第23話、しぼむ象さんっ!
いぬかみっ!:
若本が登場すると、作画が一気にがたっと落ちるねw

以下、適当にあらすじ書いときます。

因縁:



前回、暴れることをやめると誓ったオトサンですが、その誓いを破る唯一の例外、それが若本。
特に若本の方がオトサンに恨みを持ってるみたいです

画策:



混乱に乗じて若本と合流しようとするカオルとなでしこ。
しかし、その途中でほっちゃんに見つかってしまい、何とか言いくるめようとしますが…

露見:



でしゃばりすぎたため、あっさり露見。
基本的に戦わないなでしこですが、カオルの目的を果たすため、ようこと対峙。
二人のいぬかみが激突です。

激突:
ようことなでしこ。
そして目的のすれ違う啓太とカオルも同じように激突



壮絶な空中戦を繰り広げる二人でしたが、怒りの力で啓太の方がカオルを圧倒。
しかし、啓太は別にカオルを止める様子はなく、ただ、九人のいぬかみたちに謝罪をさせて、彼を若本のもとへと向かわせようとします。

白熱:
一方、こちらも激突を繰り広げる若本とオトサン。
全くの五部に見える二人の戦闘。

──しかし

本領を発揮した若本の魔力により、オトサンは縮小、封印されてしまいます。



こうして、オトサンを封印したことにより、膨大な魔力を手に入れた若本。
大殺界の魔力メーターもマックスに到達し、オトサンを封印したことにより、そこから得た時間逆行の力で啓太も幼児化。



彼の求めるフリーダムな世界がもうすぐそこに迫ろうとしています。

*総括
川に放流し、その川に啓太が落下したにもかかわらず。
その前フリを生かすことなくやっぱり何もしなかったカッパに、俺はある種の心粋を感じました




ランキングへ←面白かったらワンプッシュ
高みへと連れて行ってくださいw

ひぐらしのなく頃に@目明し編 其の伍 冷たい手
ひぐらしのく頃に:
前回までのあらすじ+今回のあらすじ

・女は怖い

よし、OK

お電話:
自分が今なすべきことをするために、監視の目を増やす作戦に出た詩音。
この村で行われている隠匿行為と、園崎家。

そして、架空の追っ手について詩音は圭一に告げます。
ご存知の通りパニック状態に陥る圭一。
感情のままに詩音に突っかかる圭一の向こう側、その論破に耐え切れず切れる電話。

─そう思っていたのに

その実:



詩音の手にはアイスが握られており、切った理由もウザイから。
詩音は淡々と真実を明かす作業に入ります

園崎家・拷問部屋:
探す予定のおじいちゃんの首を鎖につなぎ、求める情報を聞き出そうとする詩音。
しかし、彼の口から聞き出せたのは、全て「憶測」による不確かな情報。

鬼婆亡き今、確かな情報は闇の中。
分かるのはただひとつ。
「人一人を神隠しするなんてことは、お魎さんしかできない」ということ…

ならば

牢内・隠し井戸:
ここしか隠し場所はありえない、ということで行ってみる詩音。
暗く、深いその奥をライトで照らし、思いを込めて…



悟史くーん

悟史の名を呼びます

すると…

むぅ:
やっと見つけた悟史君
詩音は飛び降りて彼の元へ向かおうとしますが、困った様子で悟史くんはそれをとめます。

「生きて」──
それが彼からの、詩音への願いでした。

そして、魅音のもとへ向かう詩音。
失踪ではなく死亡していたことを知り、悲しみに目をふせる魅音。

しかし、詩音にはそんな彼女の行為は逆効果



今の彼女に分かるのは悟史君が死んだことと、誰もが彼の死を見過ごしたこと。そして、沙都子はそんな彼にすがって生きる寄生虫であること…

それくらいなのです…

===途中===

ランキングへ←面白かったらワンプッシュ
高みへと連れて行ってくださいw

スクラン二学期@第23話
スクールランブル二学期:
姉さんの旅行中に倒れた八雲




俺はてっきり伊織がKするかと思ってたんですが、雪の降る山道を走ったのは、キリンのピョートルでした。
他の動物はどこにいたんだよw



来週はついにあの男が…w



いつもの三倍の回転と三倍の高さで飛んで行ったんだから、もう帰ってこなくて良いよ。

ハッ──

やっぱりベアクローが足りなかった!?

ランキングへ←面白かったらワンプッシュ
高みへと連れて行ってくださいw

ウィッチブレイド WitchBlade@第21話、誓
ウィッチブレイド:
・ウィッチブレイドには外部からの攻撃は無効
・ウィッチブレイドを腕ごと切り落とそうとしてもプロテクトによりそれは阻止される
・ウィッチブレイドが外れるのは装着者が死んだときだけであり、その場合に限りウィッチブレイドが選んだ装着者がそれを装着できる

…なら



侵攻はとまらないだろうということを想定した上で思いつくのは残念ながらひとつだけ、かな。
タカヤマは死なないっぽい、かも。

レディの登場にはちょっとびっくり。



そうそう。
まりあの求めたものは力ではなくて、「母」なはず。
その点ではファーザーとなんら代わりがない訳なんだよねw

んで、まさむねさんはレディと同じようにリコのために命をかけるんでしょうかね。

畜生、ぼけやがる。

返信:
もしや、Dさんて女性ですか!?着物姿の女性アイコンが気になってたり。


↑この人すね

なぜそういう発想に至ったんですか!?w

まぁいいや、説明しましょう。
彼女はこのサイトのタイトルの元ネタにもなっているPSのゲーム「まぼろし月夜」に登場するキャラの一人、朝霧あやめさんです。
そして、このゲームが原因でこの世界に転び、ほっちゃんに興味を持つことになったわけです。

選択肢でセーブができなかったり、ストーリーに共通部分が多すぎてスキップを多用することになったりとシステム面は散々ですが、それでもあやめさんの可愛さはこの世界において屈指のレベルだと俺は思ってます。
結構見かけることが稀有なゲームで、サントラに至ってはかなりプレミアがついてたりします。
ベスト版も出てるんですが何故かそっちのほうがレアだったり、なぜかマージャンも出してたり。しかも、何故かイカサママージャン。その上、組めるキャラが固定+出てないキャラがいたり…
しかも、意味不明な女流の雀士が不当に強い…
せめてクリスと早苗さん出してほしかったなぁ…(独り言

ワンダースワンカラーでも出す予定だったらしいんですが、現在でてるのはPS版とDS版。
見かけたらプレイしてやってください。
心が切なくなったり、温かくなったりする良いゲームだと思います。

因みにアイコンの出所はこちらのサイトさん。
ファイルに直リンオッケーという男気に惚れそうですw(してませんけど

ランキングへ←面白かったらワンプッシュ
高みへと連れて行ってくださいw

いぬかみっ!@第22話、パパとムコ殿っ!
いぬかみっ!:
オーマイサンシャイン──



…新事実が発覚しました。
ようこの名前は陽光。

苗字が具志堅だったら自殺しようと思います☆



そしてDさんはそんなマイサン(=My sun)にマイサン(=My son)を作って欲しいと思った訳で。

ランキングへ←面白かったらワンプッシュ
高みへと連れて行ってくださいw

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。