FC2ブログ
↑をクリックでトップに戻れるのですよ~。アニメ感想とか駄目人生晒しが主体      近況:さっさとメスドロアーに俺のキャッシュをぶち込みたいぜファック!!
舞ー乙HiME@第13話、茜色の空に・・・
舞ー乙HiME:





…(;´Д`)



や、お前らだよ(;´Д`)

散々炎朱の~で牽制かけてきたのは一体…

とか思ってたら、例の昔の写真にそれらしき人物がうつっとった。


                     

一応舞衣の関係者らしいのでちょこっと期待しつつ、つらつらと感想に。

冒頭、食べ物を前にうなだれるアリカ。
何とアリカは原因不明の食欲不振に陥った様子。
珍しい現象にアリカの体調を心配する三人ですが、道中、とあるものを発見。

13話に早くも死亡フラグが立ちました──



ガルデローベでは異性との交遊が認められていないため、顔色を曇らせるニナ。
ですが、イリーナの誤魔化しと、隠れて恋愛をしていたのが、アカネちゃんということで、間違いは起こらないだろうとこの場をスルーするニナ…

ですが、公園では…

アカネちゃんの魅力に、欲望が歯止めを失い、あわやアカネちゃんのオトメとしての資格が失われかけてしまう事態に──。



何とかカズ君を押しのけ、ピンチを脱したアカネちゃんですが、二人の関係は気まずいものになってしまいました。

そして、翌日(じゃないかもしれんが)、先生から呼び出しをくらうアカネちゃん。
呼び出しの理由として、真っ先に思い当たるものといえば、前日のアレな訳なのですが、今回の用件はそれとは別件。

何とアカネちゃんはその能力を買われ、ロザリーお姉様が結婚のためマイスターを辞任する事になった、シャルル王家のマイスターになるというのです
本来ならばこれは喜ばしい事…

しかし、カズ君のことを思うとアカネちゃんの気持ちは深く沈みます。



一方、そんなアカネちゃんのマイスター就任を祝う気に一切なれないほど、未だに気持ちがもやもやとしているアリカ。
どうする事も出来ず部屋で、横になっていると、目に飛び込んできたのは、ニナのペンダント。

そして、ふとそれを手に取り、中を見てみると…

…そこにあったのは、セルゲイの写真。

次第に写真を見つめるアリカの頬は紅潮を始めます──



そして、終いには熱暴走を起こしてしまい、アリカは保健室へと担ぎ込まれてゆきました。

──あの「ドキン」の正体が判明しましたねw


↑:例のアレ(キャプるのがめんどくさかったらしい

そんな訳で、初めての経験に付いて先生から説明を受けるアリカですが、先生からやんわりと説明を受けたことにより、アリカの思考は混乱の絶頂…。
と、そんなアリカに先生から、炎朱の紅玉の話が。

恋に生きたマイスターのことを調べればそこからアリカも何かをつかめるとふんだんですかね。

てな訳で、言われたとおり、その人物に付いて調べてみるアリカ。



何処となく胡散臭い表紙の本に載っていたのは…

二つの選択を迫られ、その先で恋を選んだというその人の話。

うーん。
いつの時代にも似たような選択を迫られている人がいますなぁ。



さて、一方、スミスと一緒によからぬ事をたくらんでいる様子のナギ。
歌と紡ぎ手と守り人、それがハルモニウム起動に不可欠などと今後のキーとなりそうな単語をふんだんに盛り込みつつ、話はもうひとつの本題へと──

何時ぞやのペンダントのようなものを手に先回ミドリから奪取した装置を媒介に、高次物質化技術をほぼ復元したと、スミス



自信満々に語るスミスに、結果を示せとナギ。
どうやら後半はその「結果」に当てられるようです。

そろそろいやな予感がしまくりですな!!

ハイ、そんな訳で、偶然スレイブの出現地にカズ君と一緒に居合わせてしまったアカネちゃん

そして、彼女は恋人を守るため、戦う事を選びます。



最初は、パールナンバーワンということで、スレイブと善戦するアカネちゃんですが、敵も中々のつわもの。
さらには後方にアスワドの者と思われる狙撃手──



死亡フラグは最早万端いつでも死ねます

もう、夢とか語りだしちゃって、いつ死ぬかと冷や冷やです、が──
アカネちゃんは執念を持ってスレイブの右腕を破壊。
したのですが、次の瞬間暴走を始め、カズ君の方へと進路をとるスレイブ

ピンチ──
咄嗟に自らの身を挺して恋人を庇うアカネちゃん。



成る程、これで二人同時に死亡か。と思う俺でしたが、刹那、アスワドの者が銃弾を発射。
その銃弾はシズルの頬をかすめ、召喚の石を破壊しました。

……こうして守れた恋人の命。
しかし、アカネちゃんを待つ運命は未だ変わらず、翌日、アカネちゃんは自らのマイスターオトメ叙任式へと出席する事となります。

厳粛な空気の中、式もいよいよ大詰め。
マスターとの契約を結び、いよいよ式も終わろうかとした、そのとき──

式場の扉が開き、そこからカズ君が登場。



契約は取りやめられ、カズ君とアカネちゃんはようやくもとのサヤに戻りました。

一方、ガルデローベには不穏を告げる入電。
ナツキの命により別行動をとっていたシズルからオトメ同士の戦闘が始まったという知らせが入ったのです……

~次週へ~
ランキングへ←面白かったらワンプッシュ
高みへと連れて行ってくださいw

スクールランブルOVA@第02話
スクールランブル:
Aパート:
お嬢美しいなぁ(*´Д`*)



吉田山は見る目は確かだけど行動がウザ過ぎ。
殴られて当然だ(・∀・)

Bパート:
ララメインの話。
でも、カレリン>ララは揺るがず…

これ絶対





Cパート:
これも私の美がなせる業なのね──



仰るとおりで──!

お嬢のしもべに俺もなりTai!!(*´Д`)ノ




Dパート:
所謂おにぎり。
八雲可愛いよ八雲(*´Д`*)



──なのですが

個人的にお嬢応援中なので、おにぎりシナリオは、ダメ、絶対

けど、八雲可愛いなぁ…(優柔不断

次回予告:
びっくりした──。




また釣りかと思いましたよ(・∀・)
第二期が楽しみだこりゃ!!
ランキングへ←面白かったらワンプッシュ
高みへと連れて行ってくださいw

スクールランブルOVA
やるべき事は多々あるはずなのだが:
まぁ許してやってください。
タイミング外してるのも、同上。

スクールランブル:
分ける必要を全く感じないのですが第一話と第二話に分けてつらつらと。

第一話:
Aパート:
サラ可愛いなー(*´∀`*)



今一本放送では目立ってなかったような気がしますが、スポットが当たってみるとあらビックリ。
鬼カワユスなキャラですなぁ(*´ω`*)

Bパート:
や、星入ってないから天満タンwww



つか、スプーン曲げ出来るのかよw

何か、話自体は見たことがあるような気がしますが天満タンがエロ過ぎる(*´Д`*)


↑をクリックで別画像にジャンプ


エロスをありがとう──!

Cパート:
あんまりエロくねーな、この触手プレイ




でもまぁ、天満タンのボケがこのパートの全てだしなw
姉さんナイスボケだよ姉さんw




Dパート:




↑に期待を膨らませてみていたのですが…

水が青いよチクショウ!!



水!チクショウ!!

透 け ろ!!<直球

温泉ならではの例のアレは最早コメント不要といったところでしょうか。
一言で表すなら「(*ノ∀`)」でしょうか?<言葉じゃねぇよ




二話は後ほど
ランキングへ←面白かったらワンプッシュ
高みへと連れて行ってくださいw

地獄少女@第13話、煉獄少女
地獄少女:
Σ(´∀`;)



いやジジイ。
お前が能登可愛いよ能登なのは分かったが、お前この部屋借り物だろ

着物少女に惚れるその気持ちは痛いほどに分かるがナー
ランキングへ←面白かったらワンプッシュ
高みへと連れて行ってくださいw

FF4@微妙感想
明けまして:
おめでとうございます。
いたって簡素にご挨拶。
本年一杯やっていけるのか、非常に微妙なサイトでございますが、お付き合いの程いただけましたら幸いでございます。

さて:
サモンナイトも無事クリアしたので、何かやるものが無いかということで、ちょこちょこといじっとったFF4の話でもしようかと思います。
何、脈絡も興味もない?

いや、そういうサイト(ヒント:クで始まり、ソで終わる、二文字の形容詞が当てはまるサイト)ですので。

まぁ話そうと思うわけですよ。
でもまぁ、ぶっちゃけて、一回クリアしてるので、美麗なドットに感動した事くらいしか、本編をクリアするまでは感想を持ちえませんでした。



ドラマは、クリア後に待っていました。

ついにラストボスを倒したセシル君。
なんとラスボスを倒すと、隠しダンジョンが開放。
ラスボスを倒して平和が訪れたため、更なる進歩を求め、月面に開いたダンジョンへとその足を伸ばしました。

度重なる試練と強敵を何とかやりすごし、ついに辿り着いたのが、彼のライバルであるカイン君の試練。



↑カイン君(C)スクエアエニックス

さて、このカイン君、実力はあるものの、自分の意中の相手がすでにセシルのものであり、もう一つの選択肢になるはずだったリディアも自分の所属する赤い翼が滅ぼしたエブラーナの王子に奪われてしまった、いわゆるハミゴ

当然彼は誓いました…。
親友セシルを蹴散らし、意中のローザを手に入れることを──

一度目の裏切りは失敗に終わり、都合よく自分の背後に蠢いていたゴルベーザに上手く濡れ衣を着せ、窮地を脱したカイン君。

しかし彼の胸のうちには未だ、嫉妬の炎が燃え滾っていました
という訳で、二度目の裏切りに踏み切るカイン君。

しかし、純正ヒーローであるところのセシル君とカイン君の実力はドラゴンボールで言うところのベジータと悟空に通じる所があり、さらに厄介な事に仲間までセシルは連れてきました──。

当然勝てる要素はなく、泣く泣くカイン君は敵から寝返る道を選びました

そして、セシルと旅をしていくうちにカイン君の心からは嫉妬の心は消え去り、クリスタルの戦士としてラスボスを葬り去りました。

というのが本編の話。

しかし、裏ダンジョンで彼が立ち向かった試練は、そんな風に旅をし続けても、未だ消えなかった彼の邪心と彼自身が対峙する事となります。

エピソード中も、必要以上のローザとセシルのいちゃつきを見せ付けられるカイン君。(ローザの実家に泊り込むセシルに、まるで厄介払いをするように宿屋に追いやられる、など涙なくしては見られないエピソードが満載です、マジ辛いです;;)
いつしか彼の心の中で巨大で邪悪な怪物「ルナ・バハムート」として変貌を遂げる彼の邪心。
それは親友セシルとローザを巻き込み彼に選択を迫ります。
セシルを殺し、ローザを手に入れるか、否か──

当然答えは一つ──。
最後まで自分の中でくすぶり続けた醜い感情にカイン君は自身の武器である槍を向け、見事試練を克服したのでした


(c)スクエアエニックス

というのが本筋なのです



そこでセシルを殺るか殺らないかという選択が出るのがミソ。
真のカインファンならここで、セシルを殺るのが真のルート。

セーブをしてあるのを確認し秒速で俺は押しましたね。

はいに……

そしてセシルをカインは殺しました……。
最強武器は手に入れられなかったものの、俺の胸には妙な満足感と、カインの無念を晴らす選択を与えてくれたスクエアエニックスに感謝の念を感じずにはいられませんでした。

ありがとう、スクエアエニックス……
例え夢の中でも、嫌なヤローに止めを刺せて──。

微妙攻略@ルナバハ戦:
最初に出てくるダークカインはガン無視でOK。
この時点でつきのカーテンを使って通常攻撃を無効化しておきます。
で、バハムートに変身。

ここからは単純作業。
カウント2でジャンプすればノーダメでクリアです。(解説:ジャンプはコマンド入力からタイムラグが存在するため、2の時にコマンド入力する事で、1の時点でジャンプがタイミング良く発動>メガフレア回避>ジャンプから着地>相手はカウンターで通常攻撃してくるが、つきのカーテンの効力で無効>以下繰り返し)
ランキングへ←面白かったらワンプッシュ
高みへと連れて行ってくださいw