FC2ブログ
↑をクリックでトップに戻れるのですよ~。アニメ感想とか駄目人生晒しが主体      近況:さっさとメスドロアーに俺のキャッシュをぶち込みたいぜファック!!
舞ー乙HiME@第11話、Happy☆Birthday
舞-乙HiME:

!?





この人が王子様だと思った

つか、アキラ君キタコレ(*゚∀゚)=3



アキラ君性別変わっちゃったのかなアキラ君

服に付いてる家紋っぽいのから行くとマシロ姫を引き摺ってた、タクミ(仮名)と何かしらの関係がありそうなヤカンですなぁ。



と、まぁ終わった直後の感想を適当に書き散らしつつ、本筋に付いてもちょこちょこと語るとしましょうか。

父からのプレゼントを握り締め、昔のことを思い出すニナ。
それは、9月7日という一年に一度訪れる嬉しい日が出来た日…
セルゲイが自分に誕生日を与えてくれた日の事──



そして、父のことを思い出すたび、ニナに芽生える言い様のない感情。
その想いはニナの心を締め付けます。

さて、シーンは変わり、映し出されたのは、お悩み中のセルゲイ。
悩みの種は、上司とわがままなお姫様。

マシロ姫が9月7日の誕生日に向けそれの費用を捻出するために増税をするというのです。

ってなんちゅう悪政だよ(;´Д`)



や、まぁ今の日本の政治も同じくらいクソですけどね!
何でアメリカが間違って始めた戦争の尻拭いをするために我々の払ってる税金(推定3兆オーバー)が浪費されにゃならんのだ!!

っと話がそれましたね、11話は前半へと移行します

さてさて前半開始。
開始と同時に聞こえてきたのは…

衝撃のアリカの順位──

なんとアリカは…

先週執り行われたテストで…

見事!29位という成績を、荘は試験でのチャージにより、収めたのでした



何処となく、前作の三つ編みがかぶりますなぁ、この鬼気迫る表情…w


↑:偉大なる先輩

残念ながら、栗の子は走破試験に参加できなかったため、成績はふるいませんでしたが、そんなこんなで、無事に試験は終了。
コーラル生達(少なくともアリカの周りの)には平穏な時間が戻ったのでした。

そして、食事も終わり、後片付けを始めるニナに、エルスがそういえば明日、ニナちゃん誕生日だったね、と一言。
みんなも良く知るマシロ姫の誕生日と同じという事で、この話題はさらにふくらみ始めますが、ここで月影先生が登場。


↑:参考byセルゲイの手帳

皆ははしゃぎすぎを注意され、アリカとニナは用事か何かで呼び出しを食らいました。

そして、日も暮れ、各々荷物と共に部屋に帰ってきたアリカとニナ。



なにやら、二人は明日来訪予定のジパング国の王子様(嫌味のように強調w)、の出迎えをするマシロ姫のお供をする事になったのだそうです。

じゃあ、手に持っていた荷物は?といいますと、これは叔父様からのプレゼントらしく、ニナのはセルゲイからの誕生日プレゼント。

二つとも同じようにメッセージカードと共にプレゼントが内包されておりました。




……あれ??

それってやばくね??

筆跡でバレね????

まぁ、そんな俺の心配は普通にはずれたのですが、ここでおじさまからのメッセージで自分も誕生日であることを思い出したアリカ。

そして、その発言はニナの笑顔を一瞬にして凍りつかせ、ニナの脳裏に「予感」をよぎらせます

       九月の七日
蒼天の青玉
                 その人は俺の─


だからなの……!?


お父様……─




聞けない疑問…
刺す様な月光が、力なくうなだれるニナを照らしていました。



さて、そんな夜もやがて明け、次の日の朝…
映し出されたのは、超膨れっ面のマシロ姫。

誕生日だというのに、よその、しかも地の果ての国の王子と会わなければならないことが、ご不満のようなのです。



しかし、決して折れずマシロ姫に王子と会うように説得する側近の二人。
なんと、今日会う予定の王子とマシロ姫がお見合いをするというのです…

そして、シーンが変わり、ニナとアリカ。
昨日のことが尾を引いているらしく、酷く不機嫌なニナに見に覚えがないアリカは理由を尋ねますが、帰ってきたのは「別に怒ってない」との嘘丸出しな回答。



アリカからすると、そりゃ心配になりますよねーw

そして、道中階段にてうずくまる子供を発見するアリカ。
振り返るニナは、その子を見た瞬間、昔の自分をフラッシュバックしてしまいます



そんな訳で、その子を立たせ駅員に預けた後、マシロ姫のお供に向かおうとしたわけなのです、が。

時計が盗まれているではありませんか──



ニナは、その子の手の中に時計があるのを確認すると、追跡を開始しました。
追うニナ、逃げる子供。

途中で参加したアリカの手により、その子を捕まえる事には成功しましたが、最後の最後にその子が逆上し、時計をドブ川へポイ──。



その場を通り過ぎた船に時計は着地しそのまま船はどこかへ行ってしまいました…
その後、その船を発見するも、今度はカラスに盗まれた、と船頭。

カラスに聞き込みをして、何とか時計を見つけ出そうと頑張るアリカでしたが、その行為はニナの心を揺らします。

そして──

「もう…いいわ……」




零れ出る諦めの言葉……

そして、諦めは恨みとなって二ナの口からつむぎだされます

             俺の初任給で買った安物だぞ?
お父様のがいいの

              誕生日…おめでとう、ニーナ。




全部……

嘘なんだから……─!!


どうして、どうしてあなたがいるの…?
どうしていまさら出てきたの?
私とお父様の前に…

どんな意味を持って


取り乱すあまり、ニナは泣き出してしまいました。

一方、マシロ姫が王子との対面を嫌がり、逃亡。
変装して、自由を勝ち取ったかに思えましたが、飼い猫が暴走をはじめ、その巻き添えを食らい気絶。

見知らぬ人に路地裏へと引き摺られて行きました。



さて、そんな訳で場面は切り替わり、少し落ち着いたニナに単刀直入な質問をぶつけるアリカ。

すると、返ってきたのは、言葉以上に全てを語るニナの態度。



そして、ニナからはその気まずさをごまかすためか、先回の遭難時に関しての質問が飛んできました。

若干しどろもどろではありますが、ニナに自分の身の潔白を訴えるアリカ。
そして、アリカは初めてニナの気持ちを知った事で一度はニナに諦めるように言われた時計探しを再会することを決意するのでした。

…と、そんな二人の前に現れたセルゲイ。
そして、セルゲイはその懐から件の時計を取り出しニナへと。

どうやらセルゲイの知り合いの中国人の人がセルゲイに時計を拾って届けてくれたらしく(合ってますよね??)、ニナは再び、今度はセルゲイ本人から祝福を受けるのでした。



そして、ニナと出あって6年目の今日を感慨深くかみ締めるセルゲイ。

──出あって6年目

こうして判明した誕生日の由来──
そう、セルゲイはニナの誕生日をニナと初めて出会った日に決めていたのでした。

良かったなァ、ニナ…

そして、その頃──

王子様が東方より到着しました。
マシロ姫が不在であるにも関わらず…

~次週へ~
スポンサーサイト



ランキングへ←面白かったらワンプッシュ
高みへと連れて行ってくださいw

IGPX -Immortal Grand Prix-@第11話、そして・・・
IGPX:
すいません…
どうみても、面白いんですが…



やればできんじゃんよ(*゚∀゚)=3

演出、レース展開、エピローグ、繋ぎがほぼかみ合った今回。
やっと見せたいものを見せてくれた感じがしました。

結果に関してはまぁ、分かりきってた感がありましたがありでしょう。

つか、傷の人が意外にいい人でビックリw



彼もいわゆるツンデレだったのですねw

今回判明したカニンガムの必殺技に関しては、ただ一言、能登だなぁ、と





↑:多分横から見るとこんな感じ。

攻略方法が、かわせってまた、無茶苦茶だよなw

とりあえず、来週も期待してますよ(・∀・)

ちょっと戯言:
まぁ、上のキャプからも分かるように、ちょこちょことサモクラやっとります。

取り敢えずの感想としては能登ゲーだなぁというのが率直なところ。

AGLが異常に高いため、A一段目>歩き>A一段目がほぼ永久な感じで繋がるのがそう感じる所以。
つか、一定回数以上やると、敵がダウンしたので、永久なのかもしれません。

まぁナックルが一番寒かった1から比べると(※)割とマシな仕様にはなっているのですが、それでも激ツヨ。
けどまぁ、今回ボスがかなり強いのでそれもありなのかもしれません。
とりあえず能登マンセーなのです(まとまりなく、終了

※1ではナックル装備時に2Aでうかせて再度2Aで拾い、以下繰り返しという簡易永久が存在。
デカキャラ以外はほぼ確実に葬り去れる凶悪武器でした(今回は空中の敵に対してコンボ制限があるためにそれは不可能。
ランキングへ←面白かったらワンプッシュ
高みへと連れて行ってくださいw