FC2ブログ
↑をクリックでトップに戻れるのですよ~。アニメ感想とか駄目人生晒しが主体      近況:さっさとメスドロアーに俺のキャッシュをぶち込みたいぜファック!!
ローゼンメイデントロイメント Rozen Maiden Traumend@第06話、天使
ローゼンメイデントロイメント:
夕焼けの病室。
響く歌声。

その歌声は、やがて来る華やかなる死を齎す天使への供物──

さぁ、死よ…
一瞬の煌きの中、永遠なる闇へと我を誘え──

穢れ多きこの世界は、絶えず我が身を蝕み続け…
それでも尚生き続けようとするこの身が、絶望しか与えてくれないと言うのなら……




ついに、ついにカリスマ登場!!
もう、俺もイミフなポエムとか作っちゃうよ!

うい!という訳で今回登場なめぐさん。
彼女は重病患者な癖に出された食事も口にせず、点滴だけで栄養補給し、窓の外にある教会を見つめ続け、天使=死の到来を待ち続けるアレな人。
発言も、「死という甘い果実」とか、病院食は身を汚すなどと、パーフェクトな隙の無さ。



今日も窓から天使が入り込むことを信じ、教会に向かって祈りを捧げ続けているのでした。

そしてその夜、その願いは本当に叶う事に…
少女の祈り続ける教会から、漏れ出る光。
その光に誘われるように、少女の足は教会へと向かい…

そこで見つけたトランク。
その中から現れたのは、ステンドグラスから零れる光を両の翼に浴びたとても美しいもの。



少女はそれをすぐさま「天使」であると確信し、差し出された指輪に近いの口付けを交わすのでした。

そんな訳で、復活した銀様。
ですが、突然現れた人物をマスターとは認めず、一人ふらふらと外を彷徨います。

そして、そのうち水銀燈に戻り始める記憶…
その記憶に導かれるように、水銀燈はnのフィールドへと…



蘇る戦いの記憶…
真紅との因縁…

そして

──第七ドールの出現

突如としてはじまった姉妹の戦闘に対し、水銀燈の怒りは頂点…
全力を込めて姉妹を打ち伏せようとした時、光を帯びる水銀燈の体──



めぐの命を削り、水銀燈に流れ込む力は、強烈な一撃となり、薔薇水晶の頬の真横を掠めてゆきます、が…

突然眼前に現れた炎。
それは、水銀燈の記憶を呼び覚まします。

自分は確かに一度真紅に敗れ去ったという─事実
そして、自分が今こうして再び目覚めさせられたという─現実

「お父様」の意志を知った水銀燈は力なく膝を地面につけ、身を震わせるのでした──

そして夕暮れ……
この先どうしてよいか分からず、病室へと戻る水銀燈ですが、その眼に飛び込んできたのは、ベッドの上で延命措置を施され、力なく横たわるめぐの姿。

しかし、今の彼女にはそんな彼女を気遣う余裕などなく、自分を目覚めさせたお父様のことへと意識は向かいます。

──と、不意に目覚めるめぐ。

そして、その口から零れた言葉は、自分を死という旅立ちに向かわせてくれた天使へのお礼の言葉──



指から伝わる命の費え、焼ける心臓。
彼女からの言葉にようやく、交わした契約のことを思い出す水銀燈。
そして、そのことを悟られないように皮肉を述べますが…

めぐはその皮肉をあっさりと受け入れます。
いずれ死ぬ事が分かっているのに、それでも行き続ける自分の命。

       ぽんこつの心臓
        ジャンク
不完全な、壊れた子

天使さんみたいに完全じゃない──



おk大丈夫!
天使さんも作画がたがたで超不完全

自分を完全だといわれ、天使さんは言葉を失い黙ってしまいました。

そんなこんなで、自分が決戦に敗北し、今またお父様の意志により復活を遂げた事を知った銀様。
早速、宿敵真紅の枕元に化けて出てやりますが──




返ってきた真紅の反応は、意外な反応──。

自分が眠っている間に変わってしまった真紅に分かったような口を利かれ、しぶしぶ真紅の夢の世界を後にする水銀燈。

彼女を必要とする声とは…
一体誰の、どんな声なのでしょうか…



~次週へ~
スポンサーサイト



ランキングへ←面白かったらワンプッシュ
高みへと連れて行ってくださいw